My Flowers 平成23年(2011)

RVワールドに戻る RV のTop Pageに戻る 植物の部屋へ 植物の部屋へ戻る YAMADAの山スキーワールドへ GO!



我が家の春の花と樹木♪

裏庭のイチゴ

裏庭のイチゴです。今年初収穫(^o^)/
大きくて美味しそうなイチゴには、
げげッ! さっそくナメクジ君が
住みこんでいました。豊作なので
楽しみですが、ナメクジ君にも
かなり献上しなくてはなりません(^^)


(5月31日、Canon EOS Kiss) 
裏庭の紫蘭
(5月26日、Canon EOS Kiss)
表庭の紫蘭
(5月26日、Canon EOS Kiss)
裏庭の薔薇
(5月26日、Canon EOS Kiss)
表庭のサツキ
(5月26日、Canon EOS Kiss)
表庭の紫蘭

つくばい横の紫蘭(シラン)です。
白の紫蘭は綺麗な花がなくて、残念
ながら撮れませんでした。

裏庭の梅にアブラムシが大発生!
被害にあった枝を切り落としたり、
キンチョールで退治しました。
表庭のサツキにも青虫が発生!

薔薇がやっと開花しました(^o^)/

(5月26日、Canon EOS Kiss) 
表庭つくばい横の紫蘭
(5月23日、Canon EOS Kiss)
裏庭の紫蘭
(5月23日、Canon EOS Kiss)
ロードヒポキシス(アッツ桜)
(5月23日、Canon EOS Kiss)
裏庭の苧環
(5月23日、Canon EOS Kiss)
表庭の紫蘭(つくばい横)

蘭科、シラン属。日本、台湾などが
原産の野生ラン。湿った場所を好む。

1号花壇のラナンキュラスは完全に
終わってしまいました。八重の花は
風雨に弱いですね。入れ替わるように、
表庭と裏庭の紫蘭が元気です♪
白の紫蘭もたくさんありましたが、
年々減って数本になってしまいました。

(5月23日、Canon EOS Kiss) 
裏庭の苧環
(5月20日、Canon EOS Kiss)
裏庭の苧環
(5月20日、Canon EOS Kiss)
裏庭の苧環
(5月20日、Canon EOS Kiss)
裏庭の苧環
(5月20日、Canon EOS Kiss)
つくばい横の紫蘭
(5月20日、Canon EOS Kiss)
表庭のツツジ
(5月20日、Canon EOS Kiss)
プランターのアッツ桜

キンバイザサ科、ロードヒポキシス属
ロードヒポキシスが正式名称です。
南アフリカ原産の球根植物。
秋に葉が枯れて休眠に入り、
屋外で十分に越冬が可能。
休眠期に低温にあわないと
翌年の花が咲かない。

(5月20日、Canon EOS Kiss) 
つくばい横の紫蘭
(5月17日、Canon EOS Kiss)
裏庭の蔓日日草
(5月17日、Canon EOS Kiss)
1号花壇のラナンキュラス
(5月17日、Canon EOS Kiss)
1号花壇のラナンキュラス
(5月17日、Canon EOS Kiss)
裏庭の苧環(オダマキ)
(5月17日、Canon EOS Kiss)
裏庭の苧環(オダマキ)
(5月17日、Canon EOS Kiss)
裏庭の苧環(オダマキ)
(5月17日、Canon EOS Kiss)
裏庭の苧環(オダマキ)
(5月17日、Canon EOS Kiss)
裏庭の苧環(オダマキ)
(5月17日、Canon EOS Kiss)
裏庭の苧環(オダマキ)
(5月17日、Canon EOS Kiss)
1号花壇のラナンキュラス

ラナンキュラスが満開です♪
キンポウゲ科、キンポウゲ属
半耐寒性球根植物
薄い花びらが幾重にも
重なった姿が美しいです。

(5月17日、Canon EOS Kiss) 
つくばい横の紫蘭(シラン)

裏庭の紫蘭はまだ蕾ですが、
日当たりが良い表庭の紫蘭が
咲きだしました。
ラン科、シラン属の宿根草。
日本、中国に分布する。


(5月17日、Canon EOS Kiss) 
1号花壇のラナンキュラス
(5月14日、OLYMPUS PEN E-PL1)
1号花壇のラナンキュラス
(5月14日、OLYMPUS PEN E-PL1)
裏庭の苧環
(5月14日、OLYMPUS PEN E-PL1)
裏庭の八重ツツジ
(5月14日、OLYMPUS PEN E-PL1)
裏庭の蔓日日草
(5月14日、OLYMPUS PEN E-PL1)
裏庭の苧環
(5月14日、OLYMPUS PEN E-PL1)
表庭

今年の表庭の八重山吹は花が
少ないです。白のツツジ2本が
満開ですが、赤系統がないと
寂しいですね。裏庭の赤を1本
表庭に移したいです。ツツジが
終わると、サツキと紫陽花です。

(5月14日、OLYMPUS PEN E-PL1) 
1号花壇のラナンキュラス
(5月13日、Canon EOS Kiss)
1号花壇のラナンキュラス
(5月13日、Canon EOS Kiss)
裏庭の苧環(オダマキ)
(5月13日、Canon EOS Kiss)
表庭のツツジ
(5月13日、Canon EOS Kiss)
1号花壇のラナンキュラス
(5月13日、Canon EOS Kiss)
裏庭の苧環(オダマキ)
(5月13日、Canon EOS Kiss)
裏庭の苧環(オダマキ)
(5月13日、Canon EOS Kiss)
裏庭の苧環(オダマキ)
(5月13日、Canon EOS Kiss)
裏庭の鈴蘭
(5月13日、Canon EOS Kiss)
裏庭のツツジ
(5月13日、Canon EOS Kiss)
裏庭の苧環(オダマキ)

数日の土砂降りで、牡丹があっと
いう間に散ってしまいました。
美人薄命と言うように、大柄な
花は痛むのも早いです。その点、
苧環は丈夫で長持ちの優等生。
金鳳花科、オダマキ属

(5月13日、Canon EOS Kiss) 
1号花壇のラナンキュラス

金鳳花(キンポウゲ)科、キンポウゲ属。
西アジア、トルコ原産。秋植え球根。
丈夫で長持ち。我が家の春花壇の定番。

(5月13日、Canon EOS Kiss) 
裏庭の牡丹(朝)
(5月9日、Canon EOS Kiss)
表庭の牡丹(夕方)
(5月9日、Canon EOS Kiss)
裏庭のツツジ
(5月9日、Canon EOS Kiss)
裏庭のツツジ
(5月9日、Canon EOS Kiss)
裏庭の鈴蘭

ユリ科、スズラン属の多年草。
別名はキミカゲソウ(君影草)
中部地方以北の本州、北海道に
分布。ドイツスズランが多い。
有毒植物。

(5月9日、Canon EOS Kiss) 
裏庭の蔓日日草

夾竹桃(きょうちくとう)科
ツルニチニチソウ属
地中海沿岸原産。
常緑で冬の間も枯れない。

繁殖力がすごいので、
かなり間引きしました。

(5月9日、Canon EOS Kiss) 
裏庭のツツジ
(5月8日、Canon EOS Kiss)
表庭のツツジ
(5月8日、Canon EOS Kiss)
裏庭の苧環
(5月8日、Canon EOS Kiss)
裏庭のイチゴ
(5月8日、Canon EOS Kiss)
裏庭の鈴蘭
(5月8日、Canon EOS Kiss)
裏庭の蔓日日草
(5月8日、Canon EOS Kiss)
表庭の八重山吹
(5月8日、Canon EOS Kiss)
表庭の馬酔木
(5月8日、Canon EOS Kiss)
裏庭の苧環

こぼれ種から育った苧環です。
これは北海道から持ち帰った
タネから育ちました。庭の
あちこちで、こぼれ種から
育っていますが、播いた種
からは芽が出ません(T_T)

(5月8日、Canon EOS Kiss) 
裏庭のツツジ

山仲間から貰ったツツジです。
最初は形が悪かったですが、
次第に形が良くなっています。
大雪の影響で、かなりの枝が
折れてしまいました。


(5月8日、Canon EOS Kiss) 
1号花壇のアネモネ
(5月6日、Canon EOS Kiss)
表庭の八重ヤマブキ
(5月6日、Canon EOS Kiss)
裏庭のスズラン
(5月6日、Canon EOS Kiss)
裏庭のイチゴ
(5月6日、Canon EOS Kiss)
裏庭の苧環
(5月6日、Canon EOS Kiss)
裏庭の苧環
(5月6日、Canon EOS Kiss)
裏庭のイチゴ
(5月6日、Canon EOS Kiss)
表庭のハナニラ
(5月6日、Canon EOS Kiss)
裏庭のツツジ
(5月6日、Canon EOS Kiss)
表庭の馬酔木
(5月6日、Canon EOS Kiss)
裏庭の苧環

こぼれ種から裏庭のあちこち
から芽が出て花が咲きだし
ました。お隣の敷地にも
我が家の苧環が進出している
もようです(^^)

(5月6日、Canon EOS Kiss) 
裏庭のイチゴ

最初はプランターの一株だけ
でしたが、今は裏庭の中央で
繁殖しています。味はやや
酸味が強いですが、美味しい
イチゴです。

(5月6日、Canon EOS Kiss) 
ノムラモミジ

春と秋に紅葉し、夏になると
緑色になります。毎年イラガが
発生するので、注意が要ります。
今朝、さっそく表庭の紅梅に
アブラムシがいました(>_<)

(5月6日、Canon EOS Kiss) 
オキザリス タル
(5月1日、OLYMPUS PEN E-PL1)
アネモネ(1号花壇)
(5月1日、OLYMPUS PEN E-PL1)
裏庭の蔓日日草
(5月1日、OLYMPUS PEN E-PL1)
裏庭のイチゴ
(5月1日、OLYMPUS PEN E-PL1)
裏庭のチューリップ
(5月1日、OLYMPUS PEN E-PL1)
裏庭の苧環
(5月1日、OLYMPUS PEN E-PL1)
ミニバラ(プランター)
(5月1日、OLYMPUS PEN E-PL1)
ビオラ(プランター)
(5月1日、OLYMPUS PEN E-PL1)
表庭のハナニラ
(5月1日、OLYMPUS PEN E-PL1)
表庭の馬酔木
(5月1日、OLYMPUS PEN E-PL1)
シクラメン(室内)

北面出窓に一年中置いてあります。
夏場はほとんど放置状態ですが、
毎年綺麗に咲いてくれます。
一番古いのは、10年ほど前に
貰った鉢です。我が家の環境に
よほど合っているんでしょうね。


(5月1日、OLYMPUS PEN E-PL1) 
アレナリア・モンタナ

ナデシコ科、アレナリア属
常緑多年草、ヨーロッパ原産
小さな花が多数咲く可憐な
花です。耐寒性ですが夏の
暑さに弱いので注意がいります。

(5月1日、OLYMPUS PEN E-PL1) 
ビオラ(プランター)
(4月25日、Canon EOS Kiss)
ビオラ(プランター)
(4月25日、Canon EOS Kiss)
ビオラ(プランター)
(4月25日、Canon EOS Kiss)
ビオラ(プランター)
(4月25日、Canon EOS Kiss)
ビオラ(プランター)
(4月25日、Canon EOS Kiss)
ビオラ(プランター)
(4月25日、Canon EOS Kiss)
ビオラ(プランター)
(4月25日、Canon EOS Kiss)
ビオラ(プランター)
(4月25日、Canon EOS Kiss)
生垣横の水仙
(4月25日、Canon EOS Kiss)
アレナリア・モンタナ
(4月25日、Canon EOS Kiss)
裏庭のイチゴ

裏庭イチゴの開花第1号です。
味はやや酸っぱいですが、
美味しいイチゴです(^^)
ナメクジの好物なので、
残念ながら完熟する前に
取り入れる必要があります。

(4月25日、Canon EOS Kiss) 
裏庭の蔓日日草

野生種の蔓日日草です。
夾竹桃(きょうちくとう)科
ツルニチニチソウ属
5弁のプロペラ状の花を
つる状に伸びた茎の先に
つける。

(4月25日、Canon EOS Kiss) 
表庭の馬酔木
(4月22日、Canon EOS Kiss)
表庭の海棠
(4月22日、Canon EOS Kiss)
裏庭の雪柳
(4月22日、Canon EOS Kiss)
表庭の馬酔木
(4月22日、Canon EOS Kiss)
生垣横の水仙
(4月22日、Canon EOS Kiss)
2号花壇の水仙
(4月22日、Canon EOS Kiss)
表庭の海棠
(4月22日、Canon EOS Kiss)
玄関のプランター
(4月22日、Canon EOS Kiss)
裏庭の八重水仙

八重の水仙は豪華ですが、頭が
重いので、雨が降ると倒れやすい
です。野生種と違い、あまり香りが
しません。茎の途中で折れたやつは、
切り花にしました。

(4月22日、Canon EOS Kiss) 
裏庭の蔓日日草

今年も裏庭に野生のツルニチニチソウが
咲き出しました。繁殖力が強いです。
キョウチクトウ科、ツルニチニチソウ属
原産地は地中海沿岸地方。淡紫色の
花が春に咲き、斑入り葉の品種もある。
寒さに強く丈夫で栽培しやすい宿根草。

(4月22日、Canon EOS Kiss) 
表庭の馬酔木
(4月18日、Canon EOS Kiss)
裏庭の雪柳
(4月18日、Canon EOS Kiss)
表庭の海棠
(4月18日、Canon EOS Kiss)
4号花壇の水仙
(4月18日、Canon EOS Kiss)
2号花壇の水仙
(4月18日、Canon EOS Kiss)
垣根外の八重水仙
(4月18日、Canon EOS Kiss)
表庭の馬酔木
(4月18日、Canon EOS Kiss)
裏庭の雪柳
(4月18日、Canon EOS Kiss)
2号花壇の水仙

例年のこの時期だと、桜草や
ハナニラ、イチゴ、蔓日日草の
花が咲きますが、今年はかなり
遅れそうです。スズランも殆ど
成長していません。3月が非常に
寒かったことが、かなり影響して
いると思います。

(4月18日、Canon EOS Kiss) 
海棠(カイドウ)

大雪で、海棠の枝2本のうち、
1本が折れてしまいました。
残りの1本の枝にたくさん花が
咲きました。バラ科リンゴ属、
耐寒性落葉高木。

(4月18日、Canon EOS Kiss) 
裏庭一坪畑の水仙
(4月15日、Canon EOS Kiss)
2号花壇の水仙
(4月15日、Canon EOS Kiss)
裏庭の雪柳
(4月15日、Canon EOS Kiss)
表庭の馬酔木
(4月15日、Canon EOS Kiss)
表庭の馬酔木(アセビ)
(4月15日、Canon EOS Kiss)
表庭の海棠(カイドウ)
(4月15日、Canon EOS Kiss)
裏庭の雪柳

薔薇(ばら)科、シモツケ属
葉が柳の葉に似て細長く、白い花を
雪が積もったように咲くところから。
花が散ったあとの地面も、雪が
積もったように見える。

(4月15日、Canon EOS Kiss) 
裏庭の雪柳
(4月12日、Canon EOS Kiss)
表庭の馬酔木(アセビ)
(4月12日、Canon EOS Kiss)
裏庭4号花壇の水仙
(4月12日、Canon EOS Kiss)
裏庭一坪畑の水仙
(4月12日、Canon EOS Kiss)
表庭の馬酔木(アセビ)
(4月12日、Canon EOS Kiss)
表庭の馬酔木(アセビ)
(4月12日、Canon EOS Kiss)
裏庭2号花壇の水仙

土日と暖かい日が続き、水仙が
今頃満開になりました。県内の
桜も一斉に満開になったようです。
さっそく近くの西山公園へ、妻と
早朝散歩に出かけました。お昼頃
には、花見客で大賑わいになる
のかしら?

(4月12日、Canon EOS Kiss) 
裏庭の白梅

梅と水仙と桜が同じ時期に
咲くなんて、あまり聞きません。
今年の冬が長かったせいかも
しれません。

(4月12日、Canon EOS Kiss) 
一坪畑の水仙
(4月7日、Canon EOS Kiss)
2号花壇の水仙
(4月7日、Canon EOS Kiss)
4号花壇の水仙
(4月7日、Canon EOS Kiss)
倉庫軒下の水仙
(4月7日、Canon EOS Kiss)
表庭の馬酔木
(4月7日、Canon EOS Kiss)
表庭の馬酔木
(4月7日、Canon EOS Kiss)
裏庭のラッパ水仙

ポカポカ陽気で春らしい天気が
続いて、裏庭の水仙が一気に
咲きだしました。野生種は香りが
良いので、大好きな花の1つです♪
黄色のラッパ系は、あまり匂いが
しません。

(4月7日、Canon EOS Kiss) 
表庭の馬酔木
(4月4日、Canon EOS Kiss)
表庭の馬酔木
(4月4日、Canon EOS Kiss)
裏庭の白梅
(4月4日、Canon EOS Kiss)
裏庭の白梅
(4月4日、Canon EOS Kiss)
表庭の馬酔木

予報通り朝から青空ですが、
風が吹き荒れて、外出する
気力が湧きません。いろいろ
書類の手続きをしてから、
実家に行って父の軽トラの
タイヤ交換をしました。

(4月4日、Canon EOS Kiss) 
表庭の馬酔木
(4月2日、Canon EOS Kiss)
倉庫軒下の水仙
(4月2日、Canon EOS Kiss)
裏庭の白梅
(4月2日、Canon EOS Kiss)
玄関のプランター
(4月2日、Canon EOS Kiss)
表庭の馬酔木

躑躅(つつじ)科、アセビ属
原産地は日本と中国。
色は薄紅色と白がある。
枝葉に「アセボチン」という
有毒成分を含んでいる。


(4月2日、Canon EOS Kiss) 
裏庭の白梅

昨日はポカポカ陽気でしたが、
今日は一転して寒い1日でした。
山は雪かもしれませんね。
休養日なので、久しぶりに
図書館に行って読書でした。


(4月2日、Canon EOS Kiss) 

表庭の紅梅
(3月28日、Canon EOS Kiss)
表庭の馬酔木(あせび)
(3月28日、Canon EOS Kiss)
倉庫軒下の水仙
(3月28日、Canon EOS Kiss)
倉庫軒下の水仙
(3月28日、Canon EOS Kiss)
表庭の紅梅

寒暖の差が激しい日が続きますが、
春は日一日と近づいています。
表庭の紅梅は今が盛りです。
裏庭の白梅は生育が遅く、
これからに期待したいです(^^)

(3月28日、Canon EOS Kiss) 
裏庭2号花壇の水仙

2号花壇の水仙は丈が短いですが、
一斉に蕾を付けだしました。もう
少し早く植えた方が良いかもしれ
ませんが、今年のような雪の影響を
考えると、植えつけ時期に悩みます。

(3月28日、Canon EOS Kiss) 
表庭の馬酔木(あせび)
(3月26日、Canon EOS Kiss)
表庭の紅梅
(3月26日、Canon EOS Kiss)
生垣外の水仙
(3月26日、Canon EOS Kiss)
裏庭の白梅
(3月26日、Canon EOS Kiss)
倉庫軒下の水仙
(3月26日、Canon EOS Kiss)
倉庫軒下の水仙
(3月26日、Canon EOS Kiss)
表庭の紅梅

今日は冬型の影響で、朝から小雪が
舞って寒い1日でした。とはいえ、
ときおり陽が射して青空が顔を覗かせ、
春はすぐそこまで近づいて来ている
ような気がしました(^^)

(3月26日、Canon EOS Kiss) 
倉庫軒下の水仙

植えっぱなしの軒下水仙が今頃満開に
なっています。今年は大雪だったので、
雪で押しつぶされており、茎が途中で
折れているものが多く、あちこちに
向いていて形がかなり不揃いです。

(3月26日、Canon EOS Kiss) 
表庭の紅梅
(3月22日、Canon EOS Kiss)
倉庫軒下の水仙
(3月22日、Canon EOS Kiss)
倉庫軒下の水仙

松と槇の雪吊りを撤去しました。
12月の雪吊りは面倒な作業ですが、
春の取り外しは簡単。痛んだ縄は
捨てますが、状態の良い縄は、
小物の雪吊りに使いたいと思います。

表庭の紅梅が見頃になりましたが、
裏庭の白梅は寂しい状況です。


(3月22日、Canon EOS Kiss) 
倉庫軒下の水仙
(3月20日、Canon EOS Kiss)
表庭のヤブツバキ
(3月20日、Canon EOS Kiss)
裏庭の白梅
(3月20日、Canon EOS Kiss)
表庭の紅梅
(3月20日、Canon EOS Kiss)
倉庫軒下の水仙

連休2日目の天気予報は曇りのち雨。
午前中は陽も射し、意外と良い天気でした。

季節外れの雪もようやく消えて、庭に
少しだけ春の香りが漂い始めました。
大雪の影響で、軒下の水仙が今頃満開
です。ただ、雪で折れた水仙が多いので、
切り花には向きません。


(3月20日、Canon EOS Kiss) 

裏庭の白梅
(3月15日、Canon EOS Kiss)
表庭の紅梅
(3月15日、Canon EOS Kiss)
倉庫軒下の水仙
(3月15日、Canon EOS Kiss)
倉庫軒下の水仙
(3月15日、Canon EOS Kiss)
パンジー

我が家は実に平和です(^^)

未曾有の大災害が発生し、国家的な
危機が訪れています。自分に何が
できるのか、さっそく実行してみました。

(3月15日、Canon EOS Kiss) 

キンメツゲのアプローチ
(3月9日、OLYMPUS PEN E-PL1)
表庭
(3月9日、OLYMPUS PEN E-PL1)
再び雪景色

朝起きたら雪景色! 予報通り
冬に逆戻りです。通りで寒いはず
ですね。薄日が射していたので、
庭に出て深呼吸(^^)

この雪も、昼頃には全部融けて
しまいました。まさしく、春の淡雪
ですね。

(3月9日、OLYMPUS PEN E-PL1) 

ビオラ(プランター)
(3月6日、Canon EOS Kiss)
ビオラ(プランター)
(3月6日、Canon EOS Kiss)
ビオラ(プランター)
(3月6日、Canon EOS Kiss)
倉庫軒下の水仙
(3月6日、Canon EOS Kiss)

裏庭花壇

3月に入って再び冬型です。
北陸の卒業式シーズンは、
寒くなることが多いです。
4日は真っ白雪景色でしたが、
春の淡雪は1日で消えてしまい
ました。

5日は山スキーでしたが、山の
新雪はかなりの量でした。固い雪の
上に積もった雪なので、また雪崩の 心配をしなくてはなりません。


(3月6日、Canon EOS Kiss) 

TOPに戻る


  • HOME RVワールドのTop Pageに戻ります!
  • SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO