My Flowers 平成21年(2009)

RVワールドに戻る RV のTop Pageに戻る 植物の部屋へ 植物の部屋へ戻る YAMADAの山スキーワールドへ GO!


我が家の春の花と樹木♪

アグロステンマ♪
(5月29日、EOS Kiss)
アグロステンマ♪
(5月31日、EOS Kiss)
倉庫前のサツキ♪
(5月29日、EOS Kiss)
表庭のサツキ♪
(5月29日、EOS Kiss)
アグロステンマ

倉庫北のアグロステンマが
盛りになってきました。
なでしこ科アグロステンマ属
別名ムギセンノウ(麦仙翁)
耐寒性は強くて栽培しやすい。
肥料過多や倒伏に注意が
いります。

(5月31日、EOS Kiss) 
サツキ

表庭のサツキが満開です。
木によって開花時期がかなり
違うようです。白とピンクが
交じった株は、今年はダメ
みたいです。

(5月29日、EOS Kiss) 
イモカタバミ♪
(5月27日、EOS Kiss)
アグロステンマ♪
(5月27日、EOS Kiss)
アッツザクラ♪
(5月24日、EOS Kiss)
アッツザクラ♪
(5月24日、EOS Kiss)
裏庭のサツキ♪
(5月24日、EOS Kiss)
キンギョソウ♪
(5月24日、EOS Kiss)
キンギョソウ(金魚草)

越年したキンギョソウです。
ゴマノハグサ科、耐寒性多年草
園芸上は一年草として扱われて
いるようです。金魚に似た小形の
花を穂状に多数つける。

(5月24日、EOS Kiss) 
イチゴ

裏庭のイチゴ、今季初収穫です♪
繁殖力が強く、プランターから
外に出たやつをキュウリ棚の
下に植えました。それが今では
一面に拡がるので、可哀想ですが
かなり抜きました。完熟するまで
待つといいのですが、ナメクジに
食べられてしまいます。味はちょっと
酸味が強いですが、美味しいです♪

(5月21日、EOS Kiss) 
表庭のサツキ(皐月)

躑躅(つつじ)科。いろんな種類があるが、
ピンクが多い。ツツジに比べて1か月ほど
花期が遅く、やや花が小型である。
色が混じっていることもある。

(5月19日、EOS Kiss) 
裏庭のシラン(紫蘭)♪
(5月19日、EOS Kiss)
裏庭のシラン(紫蘭)♪
(5月19日、EOS Kiss)
表庭のヤマボウシ♪
(5月15日、EOS Kiss)
キンギョソウ(金魚草)♪
(5月15日、EOS Kiss)
表庭のシラン♪
(5月15日、EOS Kiss)
裏庭の梅の実♪
(5月15日、EOS Kiss)
ヤマボウシ(山法師)

水木(みずき)科。
花水木より咲く時期が1ヶ月ほど
遅い。また、花の先端が花水木は
丸いが、ヤマボウシは尖っている。
山法師とは、白い総苞が白いずきんを
かぶった山法師を連想することから
名付けられた。

(5月15日、EOS Kiss) 
オダマキ(苧環)♪
(5月14日、EOS Kiss)
裏庭のシラン(紫蘭)♪
(5月14日、EOS Kiss)
裏庭のシラン(紫蘭)♪
(5月14日、EOS Kiss)
裏庭のシラン(紫蘭)♪
(5月14日、EOS Kiss)
アッツザクラ♪
(5月12日、EOS Kiss)
アッツザクラ♪
(5月12日、EOS Kiss)
アッツザクラ♪
(5月12日、EOS Kiss)
倉庫北のオダマキ(苧環)♪
(5月12日、EOS Kiss)
苧環

黄色の苧環はひと鉢だけで、
毎年咲きますがなかなか
繁殖しません。これも
貰い物です。

(5月12日、EOS Kiss) 
裏庭の紫蘭♪
(5月12日、EOS Kiss)
裏庭の八重ツツジ♪
(5月12日、EOS Kiss)
玄関先のビオラ♪
(5月12日、EOS Kiss)
玄関先のビオラ♪
(5月12日、EOS Kiss)
表庭のツツジ♪
(5月12日、EOS Kiss)
玄関先のラナンキュラス♪
(5月12日、EOS Kiss)
つくばい横の紫蘭

らん科の宿根草。日本や中国に
分布する。紫色の蘭ということから
この名になった。白花の品種もある。
育てやすく、気品があって美しい花です。
(5月12日、EOS Kiss) 
倉庫北のオダマキ♪
(5月10日、EOS Kiss)
裏庭のオダマキ♪
(5月10日、EOS Kiss)
裏庭のオダマキ♪
(5月10日、EOS Kiss)
倉庫北のオダマキ♪
(5月10日、EOS Kiss)
裏庭のイモカタバミ

フシネハナカタバミ(節根花片喰)
原産地南アメリカの多年草
カタバミ科カタバミ属

(5月10日、EOS Kiss) 
2号花壇のラナンキュラス♪
(5月10日、EOS Kiss)
裏庭のバラ(薔薇)♪
(5月10日、EOS Kiss)
裏庭のスズラン(鈴蘭)♪
(5月10日、EOS Kiss)
裏庭のアッツザクラ♪
(5月10日、EOS Kiss)
裏庭のアッツザクラ

キンバイザサ科
別名「ロードヒポキシス」
南アフリカの山岳地原産
アリューション列島のアッツ島
とは無関係

(5月10日、EOS Kiss) 
裏庭のシラン(紫蘭)♪
(5月10日、EOS Kiss)
裏庭のシラン(紫蘭)♪
(5月10日、EOS Kiss)
表庭のツツジ♪
(5月10日、EOS Kiss)
表庭のシラン(紫蘭)♪
(5月10日、EOS Kiss)
裏庭の八重ツツジ

我が家のツツジは一重が多いですが、
これだけ八重です。山の仲間から
貰いました。薔薇のような豪華な
雰囲気です。

(5月10日、EOS Kiss) 
2号花壇のラナンキュラス♪
(5月6日、EOS Kiss)
つくばい横のシラン♪
(5月6日、EOS Kiss)
アッツザクラ♪
(5月6日、EOS Kiss)
2号花壇のラナンキュラス♪
(5月6日、EOS Kiss)
シラン(紫蘭)

ラン科シラン属の耐寒性宿根草。
関東以西の本州、四国、九州、
南西諸島に分布する多年生の草本。
植えっぱなしでよく育ちます。
雨上がりに撮影。

(5月6日、EOS Kiss) 
2号花壇のラナンキュラス♪
(5月4日、EOS Kiss)
2号花壇のラナンキュラス♪
(5月4日、EOS Kiss)
裏庭のバラ♪
(5月4日、EOS Kiss)
倉庫北のオダマキ♪
(5月4日、EOS Kiss)
表庭のツツジ♪
(5月4日、EOS Kiss)
表庭のヤマブキ♪
(5月4日、EOS Kiss)
ラナンキュラス

裏庭の2号花壇のラナンキュラス。
キンポウゲ科。中近東、東欧が原産
別名はハナキンポウゲ(花金鳳花)
毎年球根で増えていきます。丈夫で、
チューリップのような病気にならない
ので、お徳用です。

(5月4日、EOS Kiss) 
スズラン

ゆり科、球根で繁殖。欧州・北米に分布。
繁殖力が強くて、隣のシランの領地に
侵出するので、かなり抜きました。
根や茎にコンバラトキシンという毒を
持っている。

(5月4日、EOS Kiss) 
裏庭のボタン(牡丹)♪
(5月4日、EOS Kiss)
裏庭のボタン(牡丹)♪
(5月4日、EOS Kiss)
裏庭のスズラン(鈴蘭)♪
(5月4日、EOS Kiss)
裏庭のオダマキ(苧環)♪
(5月4日、EOS Kiss)
裏庭のツツジ♪
(5月4日、EOS Kiss)
裏庭のツツジ♪
(5月4日、EOS Kiss)
オダマキ

倉庫北のオダマキです。北海道で
採種してきました。西洋種らしく
丈が大きくて繁殖力が強いです。

(5月4日、EOS Kiss) 


裏庭のツルニチニチソウ。
繁殖力旺盛で、右側の鉢から
どんどん拡がりました。風雨にも
強くて、花期が長いです。

(5月4日、EOS Kiss) 
裏庭の牡丹♪
(5月1日、EOS Kiss)
裏庭の牡丹♪
(5月1日、EOS Kiss)
倉庫北のオダマキ♪
(5月1日、EOS Kiss)
裏庭のオダマキ♪
(5月1日、EOS Kiss)
裏庭のバラ♪
(5月1日、EOS Kiss)
裏庭のオダマキ♪
(5月1日、EOS Kiss)
ツツジ(躑躅)

裏庭のツツジです。山仲間から
貰いました。最初は樹木の形が
いびつでしたが、年々良くなって
きました。

(5月1日、EOS Kiss) 
ツツジ(躑躅)

これも山仲間から貰ったツツジです。
我が家は白が多いので、赤系統は
貴重です。赤のツツジは隣にもう
1本あります。

(5月1日、EOS Kiss) 
表庭

表庭には花が少ないので、八重の
山吹が貴重です。つくばい横には
シランも蕾を膨らませてきました。

(5月1日、EOS Kiss) 
裏庭の牡丹♪
(4月30日、EOS Kiss)
裏庭の牡丹♪
(4月30日、EOS Kiss)
裏庭のオダマキ♪
(4月30日、EOS Kiss)
倉庫北のオダマキ♪
(4月30日、EOS Kiss)
裏庭のオダマキ♪
(4月30日、EOS Kiss)
裏庭のツツジ♪
(4月30日、EOS Kiss)
裏庭のイチゴ♪
(4月30日、EOS Kiss)
表庭のノムラモミジ♪
(4月30日、EOS Kiss)
ボタン(牡丹)

暖かくなり、29日に開花しました。
まだ満開の一歩手前ですが、
これぐらいが色っぽくてちょうど
見頃ですが、1時間後には満開に
なりました。

(4月30日、EOS Kiss) 
ボタン(牡丹)

中国原産。蕾が色っぽいです♪
「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」
美人の姿を形容する言葉が有名。大型の花は
盛りを過ぎると悲しい姿になります。

(4月28日、EOS Kiss) 
裏庭のツツジ♪
(4月28日、EOS Kiss)
裏庭のオダマキ♪
(4月28日、EOS Kiss)
裏庭のイチゴ♪
(4月28日、EOS Kiss)
4号花壇のオダマキ♪
(4月28日、EOS Kiss)
裏庭のツルニチニチソウ♪
(4月28日、EOS Kiss)
裏庭のイチゴ♪
(4月28日、EOS Kiss)
裏庭のツルニチニチソウ♪
(4月24日、OLYMPUS μ 790SW)
裏庭の梅♪
(4月24日、OLYMPUS μ 790SW)
オダマキ

ピンクの開花は早かったですが、
やっと紫系統のオダマキが蕾を
膨らませてきました。これは
北海道で採種しました。

(4月24日、OLYMPUS μ 790SW)
表庭のノムラモミジ

ノムラモミジが青空に映えて綺麗です。
秋には紅葉するので、一年で2度紅葉を
楽しむことができます。油断すると夏場に
イラガが発生するので注意がいります。

(4月23日、EOS Kiss)

2号花壇のラナンキュラス(開花第1号)
(4月23日、EOS Kiss)
4号花壇のオダマキ♪
(4月23日、EOS Kiss)
ツルニチニチソウ(ここから増殖しました)
(4月22日、EOS Kiss)
鉢植えのオダマキ♪
(4月22日、EOS Kiss)

八重の山吹

山野に咲いている山吹は一重ですが、
我が家のつくばい横の山吹は八重です。
今年は剪定の影響か、花の数が少ない
です。これからに期待(^^ゝ

(4月21日、EOS Kiss)

4号花壇のオダマキ♪
(4月21日、EOS Kiss)
鉢植えのオダマキ♪
(4月21日、EOS Kiss)
4号花壇のオダマキ♪
(4月20日、EOS Kiss)
鉢植えのオダマキ♪
(4月20日、EOS Kiss)
裏庭のイチゴ♪
(4月20日、EOS Kiss)
息の長いサクラソウ♪
(4月20日、EOS Kiss)

ツルニチニチソウ

知人から貰ったツルニチニチソウです。
最初の年は花が咲きませんでしたが、
2年目からやっと咲きだし、今年で
4年目になります。

(4月20日、EOS Kiss)

4号花壇のオダマキ♪
(4月19日、EOS Kiss)
裏庭のツルニチニチソウ♪
(4月19日、EOS Kiss)
裏庭のイチゴ♪
(4月19日、EOS Kiss)
表庭のハナニラ♪
(4月19日、EOS Kiss)
サクラソウ♪
(4月19日、EOS Kiss)
サクラソウ♪
(4月19日、EOS Kiss)

4号花壇のオダマキ

西洋オダマキはピンク、赤、青、紫などの
花を下向きに咲かせます。
オダマキの名の由来は、花の形が紡いだ糸を
円くまいた糸巻きに似ていることによるもの。 

(4月19日、EOS Kiss)

裏庭のイチゴの花♪
(4月17日、EOS Kiss)
裏庭の白梅の実と若葉♪
(4月17日、EOS Kiss)
ラナンキュラスのつぼみ(2号花壇)
(4月17日、EOS Kiss)
オダマキのつぼみ(4号花壇)
(4月17日、EOS Kiss)

裏庭のツルニチニチソウ

地中海地方の原産の常緑ツル植物。
強健で乾燥にも強く、いつの間にか
林道脇や山沿いに進出したようです。
つぼみが例年になくたくさんあるので、
開花が楽しみです♪

(4月16日、OLYMPUS μ 790SW)

表庭のハナニラ♪
(4月16日、OLYMPUS μ 790SW)
裏庭の八重の水仙♪
(4月16日、OLYMPUS μ 790SW)
八重の水仙♪
(4月13日、EOS Kiss)
2号花壇のアネモネ♪
(4月13日、EOS Kiss)
牡丹のつぼみ♪
(4月13日、EOS Kiss)
バラのつぼみ♪
(4月13日、EOS Kiss)

オダマキ

4号花壇のオダマキ。キンポウゲ科。
オダマキは全部もらいものです。
繁殖力が強くて、庭のあちこちから
生えてきます。雑草が生育しないように、
倉庫の北側にも種を蒔いたところ、
2年たってから花を付けました。

(4月13日、EOS Kiss)

カイドウ(海棠)♪
(4月10日、EOS Kiss)
シクラメン♪
(4月10日、EOS Kiss)
八重の水仙♪
(4月10日、EOS Kiss)
八重の水仙♪
(4月10日、EOS Kiss)

シクラメン

古いのは10年ほど前に貰った鉢です。
ほとんど世話していませんが、毎年
咲いてくれます。置いてある場所が
いいんでしょうか? 

(4月10日、EOS Kiss)

カイドウ(海棠)♪
(4月8日、EOS Kiss)
サクラソウ♪
(4月8日、EOS Kiss)
1号花壇の水仙♪
(4月8日、EOS Kiss)
カイドウ(海棠)♪
(4月8日、EOS Kiss)
ビオラ♪
(4月8日、EOS Kiss)
ビオラ♪
(4月8日、EOS Kiss)
裏庭の八重の水仙♪
(4月6日、EOS Kiss)
裏庭の水仙♪
(4月6日、EOS Kiss)
表庭のカイドウ♪
(4月6日、EOS Kiss)
表庭のアラカシの新芽♪
(4月6日、EOS Kiss)

ミヤマシキミ

ミカン科ミヤマシキミ属
生活型 常緑低木
花期 4〜5月
白く小さな花を沢山つける。


(4月6日、EOS Kiss)

表庭の馬酔木♪
(4月3日、EOS Kiss)
1号花壇の水仙♪
(4月3日、EOS Kiss)
1号花壇の水仙♪
(4月3日、EOS Kiss)
こぼれ種のサクラソウ♪
(4月3日、EOS Kiss)
こぼれ種のサクラソウ♪
(4月3日、EOS Kiss)
裏庭のラッパ水仙♪
(4月3日、EOS Kiss by Keiko)

表庭のカイドウ

開花間近のカイドウ(海棠)
バラ科。リンゴ属。中国原産の落葉低木。
中国では古く牡丹と並び称されて、
人気の高い花で美人を表す言葉です。

(4月3日、EOS Kiss)
裏庭のユキヤナギ

中国原産。バラ科の落葉低木。5弁の
多数の小花をつける。葉が柳の葉に
似て細長く、枝いっぱいに白い花を
雪が積もったように咲く。

(4月3日、EOS Kiss)

1号花壇の水仙♪
(3月28日、EOS Kiss)
裏庭のサクラソウ♪
(3月28日、EOS Kiss)
地境のサクラソウ♪
(3月28日、EOS Kiss)
プランターの水仙♪
(3月28日、EOS Kiss)
1号花壇の水仙♪
(3月25日、EOS Kiss)
表庭の馬酔木(あせび)♪
(3月25日、EOS Kiss)
こぼれ種のサクラソウ♪
(3月25日、EOS Kiss)
1号花壇の水仙♪
(3月25日、EOS Kiss)

サクラソウ

こぼれ種から育ったサクラソウは
ほとんどが白ですが、この株だけ
ピンクです♪

(3月25日、EOS Kiss)
表庭の馬酔木

例年なら鈴なりに花が咲いて
いるんですが、今年は昨秋の
剪定のせいか、花が極端に
少ないです。どうして??


(3月25日、EOS Kiss)

1号花壇の水仙♪
(3月20日、EOS Kiss)
5号花壇の水仙♪
(3月20日、EOS Kiss)
1号花壇の水仙♪
(3月20日、EOS Kiss)
裏庭の白梅♪
(3月20日、EOS Kiss)
プランターの水仙♪
(3月20日、EOS Kiss)
裏庭のユキヤナギ♪
(3月20日、EOS Kiss)

プランターの花

ビオラ、プリムラ、パンジー
玄関先が賑やかになってきました♪

(3月20日、EOS Kiss)

1号花壇の水仙♪
(3月19日、EOS Kiss)
地境のサクラソウ♪
(3月19日、EOS Kiss)
地境のサクラソウ♪
(3月19日、EOS Kiss)
4号花壇の水仙♪
(3月19日、EOS Kiss)

サクラソウ

お隣との地境に咲いています。
お隣からこぼれてきた種から、
毎年咲きます。ほとんどが
白ですが、一部ピンクもあります。
家と家の間なので、日の出の時しか
陽が当たりません。

(3月18日、EOS Kiss by Keiko)

裏庭の白梅♪
(3月7日、OLYMPUS μ 790SW)
裏庭の水仙♪
(3月7日、OLYMPUS μ 790SW)
表庭の紅梅♪
(3月7日、OLYMPUS μ 790SW)
裏庭の白梅♪
(3月7日、OLYMPUS μ 790SW)

春の花

朝から氷雨になったり、晴れ間が
出たり、変な天気です。
ホームセンターで購入した
苗を移植しました。プリムラ、
パンジー、ビオラ♪


(3月7日、OLYMPUS μ 790SW)

地境のサクラソウ♪
(3月1日、EOS Kiss)
裏庭の水仙♪
(3月1日、EOS Kiss)
裏庭の水仙♪
(3月1日、EOS Kiss)
表庭の紅梅♪
(3月1日、EOS Kiss)
地境のサクラソウ♪
(3月1日、EOS Kiss)
裏庭の白梅♪
(3月1日、EOS Kiss)

表庭のヤブツバキ

椿(つばき)科。
白侘助(しろわびすけ)


(3月1日、EOS Kiss)


  • HOME RVワールドのTop Pageに戻ります!
  • SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO