乗鞍岳

平成20年 7月13日スカイラインから山頂往復、 平成22年 8月28日スカイラインから大雪渓まで、 平成23年 7月14日乗鞍高原から山頂往復

平成26年 8月3日スカイラインから山頂往復、 平成28年 8月7日乗鞍高原から山頂往復


RVの TOP PAGE に戻る RVの Top Pageに戻る サイクリングへ サイクリングへ戻る 乗鞍岳MTBへ 乗鞍岳MTBへGO!


平成26年(2014年)8月7日 乗鞍高原〜エコーライン〜畳平〜山頂〜エコーライン


(みっちゃん提供)


3時10分出発。大野でNakaさんと
4時集合後、白鳥を目指します。

白鳥から高速利用。高山付近の
道路は複雑です。<休日880円>

安房トンネルを通って釜トンネルの
入口に出ます。<休日540円>

乗鞍高原は明るい雰囲気です。
無料駐車場を7時5分スタート!
(7:18)
三本滝ゲート(7:44)
ヤナギラン
ヤナギラン(8:00)
(8:14)
ホタルブクロ
位ヶ原山荘(8:53)
位ヶ原山荘(みっちゃん提供)
(みっちゃん提供)
(9:01)

前穂・奥穂方面(9:05)


花の写真を撮りながらゆっくり
登って行きます。

ヒルクライム練習のローディに
次々と抜かれます(苦笑)

途中で黒い犬が歩いていました。
よく見ると、熊でした(汗)

位ヶ原山荘でひと休み。今年の
雪渓はかなり小さいです。
(みっちゃん提供)
(9:15)
(9:19)
(みっちゃん提供)
(9:29)
ヨツバシオガマ
(9:33)
ウサギギク
(9:41)
岐阜・長野県境(9:51)

鶴ヶ池と畳平(9:51)


畳平にバイクをデポ後、花を楽しみ
ながら剣ヶ峰に向かいます。

途中からみっちゃんの姿が見えません。
まきちゃんご夫妻 とこんにちわ(^^ゝ

山頂は大混雑です。写真だけ撮って
すぐ下山します。

下る途中、登って来るみっちゃんを
発見(^^)/
登山開始(10:03)
シナノオトギリ
イワギキョウ
ヨツバシオガマ
コマクサ(10:20)
(10:25)
肩の小屋(10:29)
肩の小屋にて(10:33)
頂上小屋(11:08)
山頂からの展望(11:14)

剣ヶ峰(11:15)


肩の小屋でみっちゃんを待ちます。
人もアブも多かったです(苦笑)

まったり大休憩後、花を撮りながら
下山します。

例年より小さな雪渓で、スキーを
している人達がいました(^^)

畳平は登山者や観光客で大賑わい。
ローディもすごい数です!
イワギキョウ(12:26)
コマクサ
ウメバチソウ
畳平(12:46)
畳平(12:59)
下ります(13:03)
(13:04)
(13:08)

(みっちゃん提供)


帰りはブレーキをかけながら慎重に
下ります。

こんな時間帯でも、まだ登って来る
ローディがいます。 <13:45着>

釜トンネル手前で渋滞。岐阜県側は
雲が多いです。

高速で局地的土砂降り。白鳥付近で
大渋滞発生(泣)

TOPに戻る



平成26年(2014年)8月3日 平湯峠〜スカイライン〜畳平(剣ヶ峰往復)〜スカイライン〜平湯峠


平湯峠(6:30)

3時15分集合出発。大野から国道158号で
白鳥に向かいます。白鳥から東海北陸道と
中部縦貫道で高山に出ます。平湯峠には
6時15分到着。 <高速 880円>

峠には車が数台とローディ達が準備中。
我々も準備の後、ゲートからスタート!

夫婦松までが辛かったです。ところどころで
花を撮りながら、ゆっくり登って行きます。

夫婦松からカーブが増え、斜度が緩やかに
なります(^^)/
ホタルブクロ(6:36)
夫婦松(みっちゃん提供)
(7:08)
北アルプスの展望台(7:19)
(7:27)
(7:50)
笠ヶ岳〜奥穂〜前穂(7:57)
(みっちゃん提供)

スカイライン(8:25)

雲が多いですが、笠ヶ岳や穂高連峰が
かろうじて見えます。あちこちで花の
写真を撮るので、なかなか進みません。

四ッ岳を過ぎる頃から、ガスが拡がって
きます。

なんとか想定時間内に畳平に到着(^^)/
バスターミナルは観光客で大賑わい。

シューズを履き替えてバイクをデポ後、
第2ステージは登山です(^^)

遊歩道は人が多いので、非常に歩き
にくかったです。お花畑が素晴らしい♪
(8:28)
猫岳方面(8:34)
(みっちゃん提供)
(8:56)
コマクサ
長野(エコーライン)分岐(9:10)
鶴ヶ池(みっちゃん提供)
登山開始!(みっちゃん提供)

お花畑(9:30)

林道に出ると、歩きやすくなります。
大雪渓では夏スキーをやっていました。

風がかなり強く、寒くなってきたので、
肩の小屋でカッパを着ます。

ガスの中を黙々と登ります。途中で
学校登山の生徒達が下ってきました。

山頂からの視界はまったくダメでした。
すぐ下山しますが、しばし大渋滞(汗)

下る途中でも、登山者や観光客が
続々と登って来ます。
不肖(きえず)ヶ池(9:42)
(みっちゃん提供)
肩の小屋(みっちゃん提供)
肩の小屋を後にします(10:03)
頂上小屋(10:39)
本宮神社奥宮(10:47)
下ります!(12:36)
途中で雨が!(みっちゃん提供)

夫婦松(12:58)

肩の小屋で昼食です。温かいうどんと
お汁粉を注文しました(^^)/

畳平はガスで真っ白。大型バスが増えて
満車状態でした。

下りは寒いです。スピードが怖いので
ブレーキをかけっぱなし(汗)

こんな時間帯でも、ローディが次々に
登ってきます。途中で雨になります。
濡れた路面は怖かったです(泣)

ひらゆの森で温泉に入り(500円)、
帰りは富山経由です。(高速 2650円)


乗鞍岳で出会った花

ミヤマオダマキ(スカイライン)
アカツメクサ(スカイライン)
シナノオトギリ(スカイライン)
テガタチドリ(スカイライン)
ウサギギク(スカイライン)
ウメバチソウ(スカイライン)
イワギキョウ(スカイライン)
イワギキョウ(スカイライン)
ヨツバシオガマ(スカイライン)
ハクサンイチゲ(畳平)
アオノツガザクラ(畳平)
イワツメクサ(畳平)
エゾシオガマ(畳平)
コマクサ(畳平)

TOPに戻る



平成23年(2011年)7月14日 乗鞍高原〜エコーライン〜桔梗ヶ原〜畳平〜山頂〜エコーライン


青空♪(7:22)

前日にネット検索で旅館を予約します。
おかげでのんびり温泉を楽しむことが
できました。夕食のキノコ鍋が美味し
かったです。夜10時過ぎに到着した
男女グループは、夜中も騒いでいた
ようです。スキー関係者が注意された
とのこと。山の旅館を宴会場と勘違い
しては困ります。

朝食後すぐに出発しますが、食べ過ぎで
腹が辛いです。最初は直線気味なので、
かなりきつく感じます。青空と乗鞍岳が
本当に美しい! 景色に癒されながら、
ペダルをゆっくり回します。

乗鞍岳がくっきり♪(7:23)
鈴蘭(白骨温泉分岐)(7:27)
ゆっくり(7:36)
登ります(8:04)
三本滝方面(8:20)
先はまだ長い(8:36)
気持ち良いです♪(8:41)
ニッコウキスゲ(8:46)

位ヶ原山荘(9:20)

冷泉小屋は閉鎖されていました。これも時代の
流れでしょうか。あちこちで写真を撮りながら
ゆっくりペダルを漕ぎます。位ヶ原山荘前で
しばし休憩。この頃から山頂付近にガスが
湧き出しました。

位ヶ原山荘からはカーブが多くなります。
残雪が結構あるので涼しいです。カーブで
脚を休ませながらぐいぐい登って行きます。

大雪渓では中学生の団体が列を作って登って
いました。学校登山で山が好きになるより、
山が嫌いになる子が多いのが現実?(笑)

少し(9:38)
ガスが湧いてきました(9:51)
畳平と鶴ヶ池(恵比須岳)(10:16)
スカイライン(桔梗ヶ原)(10:22)
コマクサ(10:36)
畳平(10:43)

お花畑方面(畳平)(10:45)

峠からスカイラインを下りますが、飛騨側は
ガスがひどくて景色がほとんど見えません。
四ツ岳の展望台で引き返します。コマクサが
見られて良かったです(^^)

畳平に自転車をデポし、シューズを運動靴に
履き替えて登山開始。高山植物真っ盛り♪
肩の小屋は通過します。いよいよガレ場の
登りです。遙か前方に先ほどの中学生の
団体がグループ別に歩いて行くのが見え
ます。
ハクサンイチゲ(10:58)
ミヤマキンバイ(10:58)
肩の小屋(11:20)
剣ヶ峰と朝日岳(11:21)
登山道(11:49)
権現池(11:52)
剣ヶ峰(11:56)
頂上小屋(12:00)

頂上小屋(12:01)

山頂は大賑わいです。場所がないので、中学生は
班別に写真を撮ってからすぐに下山です。先生方と
生徒達の会話が楽しそうでした。学校内と違い、
大自然の中では、違う面が見られて良いですね。
私も中学生グループの後について下山します。
女子生徒の歩き方が、危なっかしかったです。

下りは陸上シューズでは滑りやすかったです。
畳平に着くと、年配の団体さんの質問攻めに
あいました。よほど珍しかったんでしょうね。
乗鞍神社(12:10)
本宮神社奥宮(12:17)
コロナ観測所と肩の小屋(12:43)
剣ヶ峰方面と大雪渓(12:55)
畳平と恵比須岳(13:04)
岐阜・長野県境(13:32)
エコーライン(13:34)
気持ち良く(13:55)

下ります♪(14:01)

下りは速いです。あっという間に山荘に到着
します。おかみさんの好意に甘えて、温泉に
入ってから山荘を後にしました。

松本までは危険な道路が続きます。自転車では
絶対に走りたくない道路です。駅前のホテルに
チェックイン後、カメラからパソコンにデータを
移すためのカードリーダーを買いに出かけます。
帰りに市内を散策します。遠回りして松本城に
寄りました。いつ見ても、素晴らしいお城です!

<走行距離>
約48km

TOPに戻る



平成22年(2010年)8月28日 平湯峠〜スカイライン〜畳平〜大雪渓〜スカイライン〜平湯峠


平湯峠駐車場にて(Piropiroさん 写真提供)

前夜発で大野から白鳥経由。ひるがの高原PAで、
みれさんと合流。飛騨清見ICから高山に出ます。
コンビニで買い物をして、平湯を目指します。
平湯バスターミナルでテント&車中泊ですが、
バスの音がうるさくて、よく眠れませんでした。

4時30分起床でテントをしまい、簡単な朝食を
とってから平湯峠まで車で移動します。途中で
MTBの男性が登っていくので声を掛けると、やはり
タフマンのヤスジロウさんでした。峠で準備中に、
ヤスジロウさんが追いついてきました。話しを聞くと、
長野側に下りて安房峠を越え、平湯温泉に戻って
くるとのこと。いやはやこの人の行動には、毎度の
ことながら驚かされます(^^ゝ
ゆっくり登ります(6:07)
夫婦松展望台(6:25)
北アルプス展望台(6:39)
高度が上がります(6:47)
笠ヶ岳〜奥穂高岳〜前穂高岳(7:01)
仲の良いぴろぴろ兄弟(7:10)

展望が開けてきます♪(7:35)

登りは景色を楽しみながらゆっくりペースです。
夜中に雨が降って心配しましたが、路面は完全に
乾いていました。みれさんのバイクのトラブルに、
ぴろぴろさんがすぐに対処します。さすがです!
あちこちで写真を撮りながら登ります(^^)

展望台からは笠ヶ岳、奥穂高岳、前穂高岳などが
綺麗に見えました。早い時間にもかかわらず、
あちこちから雲が湧き上がってくるので、景色を
楽しむのは今のうちです(^^)
里見ヶ原(7:48)
猫岳方面(7:50)
烏帽子岳(土俵ヶ原)(7:53)
桔梗ヶ原(Fumiさん 写真提供)
大平原!(恵比須・大黒方面)(8:00)
桔梗ヶ原(烏帽子岳方面)(8:05)

コロナ観測所が見えます(8:06)

猫岳、四ッ岳を過ぎ、里見ヶ原、土俵ヶ原の
ヘアピンカーブを登りきれば、桔梗ヶ原です♪
周囲は大平原で素晴らしい展望です。みるみる
うちに畳平が近くなり、なにやら大声で叫んで
いる人もいます。時間がまだ早いので、畳平には
ヤスジロウさんのMTBが1台止まっているだけです。

記念撮影と参拝を済ませてから、長野県側に少し
下ってみることとになります。
長野側分岐(8:09)
ゴール間近!(8:10)
やったね(^o^)/(8:11)
畳平にて(Piropiroさん 写真提供)
乗鞍本宮中之社(8:19)
鶴ヶ池と畳平(8:41)

峠(県境)(8:43)

展望が良ければ、エコーラインを三本滝まで
下りたかったのですが、怪しい雲でみるみる
うちに景色が見えなくなってしまい、残念ながら
大雪渓付近で戻ることになります。登山バスの
運転手の話しでは、明日のレースのため、今日は
長野側(エコーライン)は自転車通行止めだとの
ことでした。

畳平に戻ると、駐車場は登山バスで大賑わいです。
まだ時間が早いので、レストランは開店前でした。
やむなくお土産店横の休憩所で、暖かいうどんを
注文します。おにぎり2個、コロッケ1個、ゆで卵
1個の登山セットが美味しそうでした(^^)
剣ヶ峰(大雪渓)方面(Fumiさん 写真提供)
剣ヶ峰(大雪渓)直下(8:56)
登り返します(Fumiさん 写真提供)
登り返します(9:12)
ラストスパート!(Piropiroさん 写真提供)
鶴ヶ池と畳平(9:20)

ダウンヒル!(桔梗ヶ原)(10:16)

帰りは豪快ダウンヒルですが、スピードが出すぎて
少し怖いくらいです。途中でロードバイクやMTBが
どんどん登ってきますが、景色は完全に雲の中です。
やはり早めに出発して正解でした。今日は予報通り
怪しい雲が拡がっているので、昼過ぎには雨かも
しれないですね。

夫婦松で最後の休憩です。ここからは平湯峠まで
あっという間でした。平湯峠で後片づけをして、
Egawa羊羹さんと、今日も車中泊のみれさんと
お別れします(^^)/~~
里見ヶ原(猫岳方面)(10:20)
気持ちええ〜♪(10:22)
下りま〜す♪(10:29)
カーブは減速!(10:33)
夫婦松付近(10:20)
もう平湯峠です(Fumiさん 写真提供)

お疲れさま〜♪(11:01)

帰りは神岡から富山経由ですが、国道41号線の
交通事故で、トンネル内で渋滞立ち往生です。
幸いなことに30分ほどで解除になりましたが、
情報がわからず、一時はかなり焦りました。

富山市内で遅い昼食をとり、北陸道を丸岡で
下りて無事終了! 同行のみなさん、今日は
ありがとうございます(^^ゝ

TOPに戻る



平成20年(2008年)7月13日 平湯峠〜スカイライン〜畳平(剣ヶ峰往復)〜スカイライン〜平湯峠


奥穂方面(6:20)

前夜発。平湯温泉でテント&車中泊です。
関西組2名(Mr.ObaとMr.Matumura)と北陸組
2名(Mr.OkadaとYAMADA)の計4名です。
翌朝は平湯峠に移動して、ゲートの前から 
6時出発。最初からヨロヨロ走行です。
休憩を兼ねて、あちこちで写真撮影タイム。
元気なマッチャンが余裕で戻ってきます。
Mr.しゅう&Mr.Matu(6:49)
Mr.Oba(6:52)
笠ヶ岳(7:13)
奥穂高方面(7:14)
私です♪<写真提供Mr.しゅう>
見た目は楽そう?(7:48) 
実はヘロヘロ<写真提供Mr.しゅう> 
四ッ岳(7:51)
ミヤマオダマキ(8:03)
Mr.Oba(8:07)
ハクサンイチゲ(8:09)
ミヤマダイコンソウ(8:10)
ヨツバシオガマ(8:14)
ハクサンチドリ(8:16)
ミヤマキンポウゲ(8:17)
剣ヶ峰方面(8:17)

槍・奥穂・前穂(8:19)

四ッ岳を見渡せる地点で休憩。なかなか良い眺め♪
出発しようと自転車を見ると、なんと後輪がパンク
しているではないですか! みんなに手伝って
貰い、チューブ交換です。風が冷たくて作業が
はかどらず、30分もかかってしまいました。
ここから先は斜度も緩やかで、景色や花を楽しみ
ながらの快適サイクリング(^o^)/
コマクサ(8:55)
ラストスパート♪(8:59)
コマクサ(8:59)
ハクサンイチゲ(9:03)
鶴ヶ池と富士見岳(9:04)
畳平と恵比寿岳(9:21)
山頂へ♪(9:35)
シャクナゲ(10:02)

乗鞍岳頂上小屋 <写真提供Mr.Oba>(10:19)

畳平に自転車をデポ。マッチャンは肩の小屋で
待つとのことで、元気に走って行きました。
途中の雪田の横断で、団体さんが手間取って
渋滞発生。山頂に着く頃には雲がわき出し、
神社にお参りしてすぐに下山です。昼食は
肩の小屋にて。運動した後は、飲み物が
美味しいです(^o^)/

畳平に戻るとロードバイクが増えています。
隣のキャノンデールの軽さに感激♪ ほしい〜
剣ヶ峰(10:25)
下山開始(10:33)
下りスタート!(12:18)
烏帽子岳(左の突起)(12:21)
直線は快適♪<写真提供Mr.しゅう>
カーブは減速<写真提供Mr.しゅう>
私です <写真提供Mr.Oba>(12:45)
Mr.Matu(夫婦松は1本だけです)(12:51)

平湯峠 <写真提供Mr.Oba>(12:58)

下りはスピードが出て、怖いくらいです。
あちこちで写真撮影をするので、平均速度が
上がりません。あっという間に平湯峠へ!

後輪タイヤがやばかったので、帰ってから
ショップに寄ってタイヤ交換をしました。

TOPに戻る


  • HOME RVワールドのTop Pageに戻ります!
  • QLOOKアクセス解析
    SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO