池田〜冠山峠〜冠山 (MTBサイクリング)


平成19年6月17日平成20年10月18日平成23年6月19日平成26年10月1日

平成27年6月2日


RVの TOP PAGE に戻る RVの Top Pageに戻る サイクリングへ サイクリングへ戻る 冠山峠から高倉峠(MTB)へGO!


池田〜冠山 平成27年(2015年)6月2日


(7:41)


志津原7時35分スタート。田代付近
では、まだトンネル工事をしています。

ゲートからペースダウン。標高550m
ヘアピンまで直線気味で辛いです。
堰堤付近にはまだ大量の雪!

カーブが多くなると、少し楽になり
ます。脚を休めながら登っていきます。

岐阜ナンバーの車が下って来ます。
峠道は全線開通しているようです。

向こう側の道路に行きます!(8:54)
道路脇の雪(みっちゃん提供)
道路脇の雪(9:11)
(9:13)
(9:16)
(みっちゃん提供)
天空の道!(9:21)
(9:23)

田代尾根(9:34)

田代尾根でひと休み。みっちゃんが
お尻が痛いと叫んでいます(苦笑)

平日にも関わらず、峠は大賑わい。
バイクをデポして登山開始!

登山道は意外とアップダウンが
あります。

冠平から楽しい岩場になります。
振り返ると、すごい高度感です!

(9:41)
峠まであと少し!(みっちゃん提供)
冠山峠(9:59)
登山開始(10:08)
(みっちゃん提供)
(10:26)
(10:35)
岩場(11:06)
岩場(11:09)
金草岳方面(11:12)

冠山(11:17)

稜線に出た時、1グループが下山して
行きます、山頂には男性が1名だけ。

記念撮影後、冷たい飲み物で 乾杯♪
みっちゃんからフルーツを頂きます。

休憩中にも次々と登山者が来ます。
おにぎりが羨ましかったです。

冠平は休憩中の人で大賑わいでした。
ニッコウキスゲの写真を撮ります♪

下ります(みっちゃん提供)
岩場(11:46)
ニッコウキスゲ(11:51)
冠平(11:53)
下山します(みっちゃん提供)
冠山峠(12:53)
(13:02)
(みっちゃん提供)

(13:07)

途中の根曲り竹林で、竹の子を採って
いる人がいました。ダニに注意です。

峠で、みっちゃんから冷たいゼリーを
頂きます(^^)/

下りは快適です。片道19kmの豪快
ダウンヒルを満喫しました(^^ゝ

モクモクハウスが閉まっていたので、
帰る途中に、こってこて池田(お店)で
アイスクリーム休憩♪


冠山で出会った花たち

ウツギ
タニウツギ
ユキザサ
イワカガミ
タテヤマリンドウ
アカモノ
ナナカマド
ニガナ
イワウチワ
マイヅルソウ

TOPに戻る



池田〜冠山 平成26年(2014年)10月1日


志津原(8:14)

予報より雲が多いです。志津原からスタート!
田代付近で工事のため、片側交互通行です。

ゲート付近からペースダウン。緩やかな登り
ですが、標高550mヘアピンまで道路が直線
気味なので辛いです。

標高550mヘアピンを過ぎると、カーブが
多くなり、意外と楽に登ることができます。

猿が道路を横断して崖を登って行きます。
その時、大きな石 が3個、道路上に落ちて
きました(汗)

国道417号(8:38)
(みっちゃん提供)
カメバヒキオコシ
ツリフネソウ
(みっちゃん提供)
(9:39)
(9:42)
(9:47)

田代尾根(9:58)

標高750mヘアピンで道路が向きを変えます。
2つの谷が合流し、左側の谷は滝が連続して
います。

次第に断崖絶壁になり、なるべく道路左側を
走ります。

田代尾根でしばし休憩。昔はこの田代尾根に
登山道がありました。

道路はまた向きを変え、冠山峠を目指して
ゆっくり登って行きます。

冠山峠のゲート(10:21)
冠山峠(10:22)
(10:32)
(みっちゃん提供)
(11:04)
冠平(11:26)
冠平方面(11:32)
岩場の登り(みっちゃん提供)

(11:34)

冠山峠にバイクをデポしてから
登山の部です。登山道は草刈り
されていて、かなり広いです。

標高1156mで尾根は右折します。
ここからアップダウンがあります。

冠平に寄ってから山頂に向かい
ます。賑やかなグループが山頂
から下ってきました。

岩場を慎重に登って、やっと山頂。
山頂からの展望が素晴らしい(^^)/

山頂でみっちゃんから冷たい
フルーツをいただきます(^^)

山頂から下る途中で、また別の
グループ登ってきました。

岩場を下って尾根道になると、
みっちゃんはダッシュ!

オヤマリンドウ
冠山(能郷白山方面)(11:43)
冠山
金草岳方面(みっちゃん提供)
岩場の下り(みっちゃん提供)

冠山峠からの冠山(12:55)
ダウンヒル(みっちゃん提供)

(13:17)

みっちゃんから少し遅れて冠山峠に
戻ります。ここから快適なダウンヒル♪

カーブが多いので慎重に下ります。
田代まではあっという間でした。

志津原に戻ると、かずら橋付近は
団体の観光客で賑わっていました。

モクモクハウスでソフトクリーム
購入します。美味しかった(^^)/

TOPに戻る



池田〜冠山 平成23年(2011年)6月19日

国道417号線(月ヶ瀬)<Fumiさん写真提供>

自宅を9時出発。時間が押し迫っているので、
池田まで車を利用。清水谷付近の駐車場から
出発です。昨日の疲れが残っていたので、
ゆっくりペースでお願いしました。

稲荷を過ぎると山間部に入っていきます。
志津原のかずら橋で最初の休憩。Fumiさんは
さっそくモリアオガエルを見付けて激写して
いました。さすが、目の付け所が違います(^^)
かずら橋を過ぎると、完全に山の中になります。
田代までは立派な2車線の国道417号線です。
田代を過ぎると、簡易舗装の冠山林道です。

冠山林道<Fumiさん写真提供>
土砂を掃除してあります
ナヌカオトシ谷付近
青空が見えます♪
冠山林道
ゆっくり登ります
下は断崖絶壁です<Fumiさん写真提供>

林道にはあちこちで落石の跡がありました。
ところどころに石や小岩が転がっており、
油断できません。簡易舗装の上に砂が乗っ
かっている状態なので、下りでは注意が
いるでしょうね。対岸の林道を見ると気が
遠くなるので、あまり見ないようにして
ゆっくりペースで少しずつ高度を稼ぎます。

田代尾根を過ぎると、稜線が少しずつ
低くなってきます。もう少しの辛抱です。
ファイト〜ファイト〜(^^ゝ


冠山林道<Fumiさん写真提供>
冠山林道
冠山林道
冠山峠
冠山を目ざします<Fumiさん写真提供>
冠山
岩場の登り

冠峠はマイクロバスや乗用車で大賑わい
でした。MTBをゲートにくくって記念撮影後、
我々も遅まきながら登山開始です(^o^)/
途中で団体さんが下ってきました。すれ
違いに苦労します。「こんにちわ〜♪」

マッターホルンのような格好良い冠山が、
次第に大きくなってきます。尾根道は結構
アップダウンがあるので、自転車では苦労
しそうです。

冠平から山頂までは一部岩場があるので、
クリートが邪魔でした。シマノのシューズは
マビックに比べて、クリートが少し出ている
ようです。

冠平<Fumiさん写真提供>
ウラジオヨウラク
金草岳方面
アカモノ
タニウツギ
岩場の下り<Fumiさん写真提供>
冠山林道

山頂でやっと昼食休憩。おにぎりが美味しかった
です。そうこうしているうちに、ガスが湧きだし、
真っ白な世界になってしまいます。山頂付近の
花の写真を撮ってから下山開始です。

冠峠からの下りは、路面にかなり砂が乗って
いるので、慎重にブレーキ操作をしました。
下りは車とほとんど同じ速度で速いです。
あっという間に志津原に到着。町内を再び
ポタポタ走って、本日の山サイが無事終了♪
やはり、山は良いですね!

TOPに戻る



鯖江〜冠山〜味真野 平成20年(2008年)10月18日

能楽の里(標高270m)(8:02)

鯖江IC駐車場から出発。行きは少し楽をして、
清水トンネル経由です。池田は霧が立ちこめ、
ウエアが濡れて寒さに震えます。志津原の
能楽の里で最初の休憩。Trekを持ち上げたら
あまりの軽さにビックリ! 安物とはいえ、
町乗り用のルイガノキャスタープロの重さに
愕然とします。軽いMTBが欲しいです。
田代を過ぎると急な登りになります。景色に
癒されながら、気持ちだけクルクルとペダルを
漕ぎます。

向こうの林道を登ります (9:27)

高度を上げます (9:27)

田代尾根のブナ(標高900m) (9:48)

以前は、田代尾根に登山道があり
ました。冬山登山にはこの尾根を
使います。

道路は全線舗装されていますが、
ガードレールがないので、落ちたら
谷底に真っ逆さまです。
田代尾根で休憩。紅葉には
少し早いですが、葉が枯れ
かかっているのが気になります。

もうすぐ峠です (10:17)

冠山峠(標高1050m) 写真提供Mr.Hataya (10:22)

金草岳 (10:41)

冠山 (標高1256.6m) (10:43)

部子山と銀杏峰 (11:11)

冠平 (11:16)

部子山と銀杏峰 (11:25)

冠峠は満車状態。ここで登山シューズに
履き替えて、山頂往復です。紅葉には少し
早いはずでしたが、ブナの葉が既に枯れかけて
いるのが気になります。狭い山頂は大賑わい。
少し離れた所で昼食休憩です。

金草岳方面 (11:27)

ブナの紅葉 (12:06)

下り (12:56)

いよいよお待ちかねのダウンヒルです。
車の後を付けて下るのが安全ですが、
前を走る軽自動車は、MTBがピッタリ後ろに
付くのを嫌って、我々を先に行かせます。

池田町稲荷に出てからコーラで休憩。
帰りは魚見越えです。武生・鯖江と池田を
結ぶ3つの峠の中では、いちばん緩やかな
峠です。

池田 (14:14)

魚見越え(標高330m) (14:30)

味真野苑 (14:50)

万葉菊花園 (14:51)

毫摂寺(ごうしょうじ) (15:00)

毫摂寺御影堂門 (15:00)

小丸城趾 (15:06)

佐々成政が築城。本丸跡、土塁跡、
堀跡が残っています。

味真野への下りは超快適でした(^o^)/ 
途中の水場で給水。味真野苑、
万葉菊花園、毫摂寺、小丸城趾、
和紙の里、岡太神社、コスモス畑を
経由して鯖江に戻りました。

和紙の里 (15:17)

成願寺 (15:21)

岡太神社 (15:30)

休耕田のコスモス畑 (15:51)

西山公園 (16:15)

走行距離109.25km
走行時間6.28.37
平均速度16.9km
最高速度47.5km


TOPに戻る



池田〜冠山 平成19年(2007年)6月17日

池田町モクモクハウス (標高260m)


自宅から出発するつもりでしたが、気力低下で
清水トンネル出口まで妻に送ってもらいます。
志津原のモクモクハウスで休憩。ここから登りが
続きます。冠峠に着くころにはヘロヘロ状態(T_T)

JA池田野尻支所(標高200m) 8:20発
冠峠(標高1050m) 11:20着


登り2時間45分
走行距離27.8km
高度差850m
冠峠から冠山 約50分

林道(向こう側に林道が見えます)

田代尾根のブナ(以前、登山道がありました)(標高880m)

冠峠 (標高1050m)

冠山 (標高1256.6m)

冠平

アカモノ


冠平のコバイケイソウ
山頂で待望のビール&昼食です。
雲が広がり、景色は今ひとつでした。
MTBの下りでノロノロ自動車を1台
追い越します。モクモクハウスで
カキ氷を食べて生き返りました(^^)
自宅までMTBで帰るつもりでしたが、
疲労で頭痛がひどくなり、妻にSOS発信!
JA池田野尻支所まで迎えに来て貰いました。

冠峠から山頂往復
2時間10分(昼食時間を含む)


MTB下り 1時間
走行距離 27.5km
合計 55.3km

TOPに戻る


  • HOME RVワールドのTop Pageに戻ります!
  • SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO