まぼろしの北陸道(MTB)

平成21年10月11日 菅谷〜まぼろしの北陸道〜河野平成21年10月17日 瓜生野〜塩の道〜ホノケ山〜奥野々

平成21年11月7日 河内〜菅谷峠〜奥野々〜湯尾峠〜ふるさと林道〜大谷平成24年5月30日 河内〜菅谷峠〜ホノケ山〜河内

平成26年4月16日 奥野々〜第2登山口〜ホノケ山〜林道〜奥野々


RVの TOP PAGE に戻る RVの Top Pageに戻る サイクリングへ サイクリングへ戻る



平成26年(2014年)4月16日 奥野々〜第2登山口〜菅谷峠〜ホノケ山〜林道〜奥野々


第2登山口(9:50)

ホノケ山トンネル付近からスタート!
第2登山口までは舗装された林道を
ヨロヨロ登って行きます。

林道終点が登山口です。先客の車が2台。
ここから登山道に入ります。押し歩きか
担ぎで進みますが、所々で乗車可能です。

瓜生野からの登山道と合流後は、しばし
乗車できます(^^)/

菅谷峠近くになると、急な登りが続きます。
イワウチワやタムシバに癒されながら、
進みます。
(10:05)

瓜生野分岐(10:21)
瓜生野分岐
切り通し(10:33)




(10:50)

菅谷峠付近で、単独行の男性に追い
抜かれます。彼はすごいスピードで
駈けて行きました(^^ゝ

菅谷峠からしばらく階段と急登が
続き、汗がポタポタ落ちます(>_<)

見晴らしの良い場所で、男女2名が
休憩中でした。さらに、山頂付近で
捕虫網を持った怪しい?男性1人。

山頂手前は緩やかな尾根なので、
なんとか乗車できました。
(11:04)
佐々布光林坊墓所跡(11:10)
菅谷峠(11:16)

(11:26)
ホノケ山(標高736.8m)(11:54)



舗装林道(12:41)

山頂には先ほどの韋駄天男性が1人だけ
昼食休憩中でした。私もさっそくカップ麺の
昼食です(^^)

そのうちに男性が下りていき、しばし山頂
独り占め(^^)

登りでは苦労した急坂ですが、下りは速い
です。すぐに菅谷峠に到着です♪

峠からは舗装林道を下ります。日陰には
まだ雪が残っていました。

気持ち良く下って、あっという間にホノケ山
トンネルに出ます。途中の第1登山口は
かなり荒れていました。

TOPに戻る



平成24年(2012年)5月30日 河内〜菅谷峠〜ホノケ山〜河内


河内からの林道(8:35)

昨日から寒気が入り込み、不安定な天気。
今日は晴れ予報ですが、雲が多くて寒い!
桜橋運動公園に車を置き、準備の後出発!

河内集落のお寺の前で左折します。かなり
わかりにくい場所です。工事中の道路を
横切って、舗装された林道に入ります。
途中にカモシカの白骨死体がありました。

三叉路を右折。前回は殆どダートでしたが、
いつの間にか舗装区間が増えていました。
斜度は意外と緩やかなので、なんとか
登っていくことができます。
具谷林道入口(8:51)
最初は舗装道
ダート
舗装区間
足谷山付近(9:33)
菅谷峠(9:38)

菅谷峠(9:39)

相変わらず黒い雲が多くて寒いままです。
三叉路で右折し、なだらかな稜線伝いに
進みます。ガスで景色はあまり良くない
です。

意外とすんなりと菅谷峠に到着します。
天気が良ければ、日野山が前方に見える
はずなんですが...残念!

MTBを峠にデポして、ホノケ山へと向かい
ます。標識には、山頂まで30分と書いて
ありました。山頂からの展望も期待はずれ
でした。峠に戻って休憩タイム(^^)
ホノケ山(10:06)
落石だらけ(10:40)
大規模土砂崩れ(10:45)
菅谷峠に戻ります(10:51)
林道探索へGO!(11:05)
なだらかな稜線

森林基幹道 越前南部線

菅谷峠から奥野々への林道下りが、今回の
楽しみの1つでしたが、落石が多くて走り
にくいです。コーナーを曲がってしばらく
下ると、大規模土砂崩れです。怖々登って
前方を偵察しますが、かなり危険な臭いが
します。残念ですが、峠まで戻ることに
します(T_T)

予定が狂ってしまったので、菅谷峠から
先に伸びている林道探索に出かけます。
真新しい林道は標高を少しずつ上げながら
進んでいきますが、やはり行き止まり!
再び菅谷峠に戻ることになります。
林道終点(11:08)
河内に戻ります


具谷林道入口(11:35)
国道305号線

渓流荘(11:49)

下りは速いです。河内に戻ってから左折して、
今度は国道305号線の偵察です。立派な国道が
山の中へと入ってきますが、川の二俣手前で
狭い道になります。

渓流荘は前回来た時と同じたたずまいでしたが、
林道脇に繋がれた3匹の犬が吠えまくります。
もうちょっと先へ行きたかったですが、今回は
ここで行動終了!

土砂崩れ状況を考えると、今回計画のコースは
当分は無理なようです。

TOPに戻る



平成21年(2009年)11月7日 河内〜菅谷峠〜奥野々〜湯尾峠〜南今庄〜ふるさと林道〜大谷〜河野


河内(8:29)

桜橋の運動公園から出発。国道8号線を
横断し、河内に向かいます。お寺の前で
左折して林道に入ります。GPSを操作しながら
ペダルを漕いでいたら、葉っぱに隠れていた
小石に乗り上げ転倒しました。

再スタートすると後輪がカラカラ音を立てます。
おまけに、リアをインにするとチェーンが
飛びます。イン側3枚が使えません。点検
すると、なんとスポークが1本折れています!

具谷林道入口(8:21)

ダート(9:20)

日野山(9:28)

足谷山(巡視道入口)(9:35)



菅谷峠(ホノケ山)(9:39)

帰るわけにはいきませんので、用心しながら
具谷林道をゆっくり登ります。足谷山の巡視道
入口で休憩。ここから菅谷峠まではすぐです。
今日はホノケ山は割愛。菅谷峠からすぐに下り
ます。途中で舗装工事をしていたので、MTBを
抱えて道路脇を歩いて通過します。

奥野々に下りて写真を撮ろうとUターンしたとき、
メザラの段差で転倒! ロングタイツをはいて
いましたが、左脚を擦りむいたようです。
めくると縦に擦りむいて血が出ていました。
応急処置でカットバンを5枚使いました(T_T)

菅谷峠(9:40)

日野山(9:42)

ダート(9:45)

日野山(9:46)

ホノケ山登山口(分岐)(9:59)

鯖波トンネル(歩行者用)(10:13)



湯尾峠入口(10:37)

左脚は痛むし、後輪のインナーロー3枚は使えないし
意気消沈してトボトボペダルを漕ぎます。鯖波から
旧街道やJR北陸線の西側をゆっくり進みます。湯尾で
休憩後、いよいよ湯尾峠の登りです。リアのギアが
不調なのと、明日のツーリングに疲れを残さないために、
すぐに下車して押し歩きになります。湯尾峠は歴史が
いっぱい詰まった素晴らしい所でした。今回はすぐに
通過しましたが、次回は周辺をゆっくり回りたいです。

峠ご膳井跡(10:45)

峠の石垣(10:48)

八十八ヶ所方面(10:49)

今庄方面(10:50)

今庄方面(10:52)

今庄へ下ります(10:53)



今庄側入口(10:58)

JR北陸線の西側ダートをさらに進むと、
八十八ヶ所参道の入口が左側にあります。
お地蔵様は早くも冬支度で雪囲いの中に
入っていました。ここから旧北国街道の要所、
南越前町今庄です。少し空き家があるのが
気になりましたが、歴史がいっぱいの素敵な
街です。観光客らしき人がチラホラいました。

古の道(11:00)

八十八ヶ所参道入口(11:02)

今庄の酒屋(11:07)

本陣跡(11:09)



北国街道(今庄)(11:15)

今庄を過ぎると、JR北陸線に沿って走ります。
途中で特急が通過していきました。北陸線は
南今庄を過ぎるとトンネル地帯になるので、
JR北陸線とはここでお別れです。農家の軒下に
柿が吊してありました。今や今庄のつるし柿は
高級品です。GPSナビで確認すると、山中トンネル
手前の林道は地図には出ていません。少しばかり
不安になりました。

道路には旧北陸線の名残があちこちに残っています。
スイッチバックで有名だった山中信号場跡を過ぎ、
しばらく行くと目的の林道の案内板がありました。
これでひと安心です♪

山中信号場跡(スイッチバック)(11:50)

ふるさと林道(案内板)(11:56)

林道入口(山中トンネル手前)(11:59)

峠(まぼろしの北陸道分岐)(12:12)

河野海岸(12:20)

河野海岸(12:28)



敦賀半島(12:30)

見覚えある「まぼろしの北陸道」分岐に無事到着(^o^)/
峠からは待望の下りです。河野海岸の大展望を
楽しみながら、快適ダウンヒル♪ ただ下るのが
勿体なくて、あちこちで写真撮影。河野海岸に
下りてからゆっくり北上。車が多いので後方に
注意しながらペダルを漕ぎます。河野で右折、
桜橋総合運動公園を目ざします。

河野しおかぜライン(12:30)

元有料道路(12:48)

日本海(12:51)

河野海岸(12:54)



桜橋総合運動公園(13:10)

家に帰ってからMTBを洗っていると、折れた
スポークは1本だけではなく、2本が曲がって
いて、漕ぐと後輪が左右に振れていました。
危ないところでした。すぐにショップに持って
行き、修理を依頼。結局、スポーク8本交換と
リアメカ、フロントメカ調整で、合計4725円
かかりました。

<走行データ>
走行距離 49.18km
走行時間 3:32:43
平均速度 13.9km
最高速度 44.0km


TOPに戻る



平成21年(2009年)10月17日 瓜生野〜塩の道〜ホノケ山〜奥野々〜瓜生野


瓜生野案内板(8:34)

まぼろしの北陸道(その2)は塩の道です。
越前市(武生)瓜生野に車を置き、車から
MTBを下ろします。周囲の田畑には、猪の
侵入防止の高電圧線が張られていました。
猪の被害が甚だしいみたいです。

塩の道は立派な切り通しの登山道です。
V字地形はMTBでは登りにくく、押し歩きや
担ぎが多かったです。

瓜生野登山口(8:39)

切り通し(U字状の道)(8:42)

登山道(8:46)

日野山方面(9:09)



日野見台(9:10)

日野見台は日野山の景色を楽しめる場所です。
MTBが無用の長物になり、既に汗ダラダラ(>_<)
ここから緩やかな尾根になるので、ときどき
乗車したりして、ゆっくり進みます。他のHPで
見ていたのと同じ看板があちこちにありました。
林道が左手に見え、下り始めたら菅谷峠です♪

奥野々分岐(9:19)

明るい登山道(9:21)

切り通し(9:28)

ブナ林(9:40)

ブナ林標識(9:43)

佐々布光林坊墓所跡(9:59)



菅谷峠(10:06)

菅谷峠には林道が3本集まっていました。
足谷山の方面を少し偵察します。新しい
林道がかなり先まで伸びているようでした。
途中から引き返して、再び菅谷峠に戻ります。
ここからは痩せ尾根の階段なので、MTBを
肩に担いで急な階段を上りました。軽いMTBが
欲しいです!

菅谷峠(10:09)

鍛冶屋炭床場跡(10:19)

もうすぐ山頂(10:27)

ホノケ山(山頂)(10:40)



のろし準備中(10:52)

「第3回古里をのろしでつなごう」
敵の襲来などをのろしで知らせる
古来の伝達手段。県内の城跡などを
結んで行われた。10月17日(土)
午前10時〜12時実施。
滋賀県笹尾山の関ヶ原古戦場を
スタートして、新潟県まで伝達する。

ちょうど点火する時に巡り合わせ、
貴重な時間を共有できました。
参加の皆さん、ありがとうございました♪

のろし作業中(10:54)

のろし(10:54)

菅谷峠(11:17)

日野山(11:21)

武生(越前市)方面(11:21)

コンクリート舗装道(落石多し)(11:23)



日野山(11:25)

下りは速いです。半分くらい乗車し、階段は
担いで下りました。林道で待望のダウンヒル。
最初はコンクリート舗装でしたが、アスファルトや
ダートに比べてバイクが跳ねやすく、意外と
走りにくかったです。工事中の人に挨拶し、
平身低頭で通してもらいます。トンネル工事
現場を過ぎると、奥野々の集落です。トンネルを
通ってからはJR北陸線沿いに北上します。

北谷林道(11:26)

ダート(11:32)

ダート(11:34)

第1登山口(11:38)

トンネル(工事中)(11:42)

第2登山口分岐(11:43)



奥野々案内板(11:49)

瓜生野に戻るためには、山をぐるっと
回らないと行けないようです。駐車地点に
着く頃に、空からポツポツ冷たいものが!
車に乗った頃に土砂降りの雨になりました。
危機一髪!

<走行データ>
担ぎや押し歩きがあったので、計測不能


TOPに戻る



平成21年(2009年)10月11日 桜橋〜河内〜菅谷〜まぼろしの北陸道〜河野海岸


渓流荘(9:52)

武生トンネルを通るのは怖いので、桜橋まで
車を利用。運動公園から出発。国道8号線を
横切り、国道305号線を進みます。河内を
すぎると、立派な2車線が1車線の簡易舗装
になります。渓流荘まで舗装路でしたが、
ここをすぎるとダートです。ダートの林道は
初めは石がゴツゴツ出ていて凹凸があり、
ちょっと走りにくかったです。

ホノケ山登山口は、写真で見たのと大違いで、
草ボウボウでした。ちょっと入る気がしません。

走りにくいダート(10:04)

ホノケ山登山口(10:09)

菅谷(廃村)(10:12)

菅谷(廃村)(10:16)


分岐は右(林道 阿寺山線)(10:17)

無人の菅谷を過ぎて右折。草刈りがされている
ダートはフラットで走りやすくなりましたが、
途中から草刈りが怪しくなってヤブ模様。
あちこちに水たまりがあるので、油断大敵です。
他人の参考記録がなかったら、とても進む気が
起きません。途中で轍にハンドルを取られて
立ちごけ! 右の踝を擦りむいてしまいました。

分岐で直進か左か迷ったので、GPSナビでルートを
探しましたが、なんと、ルートは桜橋に戻って
敦賀から入っているではないですか! これでは
役に立たないので、国土地理院の2.5万地図を
信じて左に入りました。

草刈りされたダート(10:23)

草ボウボウ(10:36)

藪に突入(10:42)

分岐は左(10:51)

真新しい林道(11:02)

真新しい林道からの景色(11:04)


(11:14)

左の林道は藪が少なくて少し下り気味。すぐに
三叉路があったので、チェーンソーの音がする左に
曲がりました。これが大間違いでした。林道は
新しく造られたばかりのようで、尾根を巻くように
走っています。これはおかしいと、先ほどの三叉路
まで戻って、右に入りました。これが正解ですぐに
峠に出ました。右下には青い日本海が見えます。
やっと元気が出て、楽しいダウンヒル♪
コンクリート舗装になってすぐに山中大谷線に
出ることができました。ばんざ〜い(^o^)/

まぼろしの北陸道入口(11:18)

最高地点(11:21)

分岐は左(右はダート)(11:42)

河野海岸(11:50)


敦賀半島(11:59)

峠から下るとすぐに三叉路。右はダートで、菅谷林道と
書いてありましたが、どこに繋がっているのかしら?
ここでコンビニのおにぎりを2個とソーセージを1本
食べました。ここまでで出会った生き物は猿一匹だけ。

左を下ると、台風の後遺症で落ち葉がたくさん散乱
していました。MTBは安定感があるので、快調に
下りました。青い日本海が非常に綺麗でした♪

国道8号線を少し走りましたが、車に追いかけられて
必死でした。河野しおかぜラインに出てやっと休憩。
ドライブの車に注意しながら北上します。昨日の
疲れが残っているのでゆっくりペースです。

河野海岸(12:02)

河野しおかぜライン(12:04)

敦賀半島(12:06)

河野海岸(大谷)(12:11)

越前海岸(12:16)

越前海岸(河野付近)(12:38)


桜橋総合運動公園(12:58)

河野から桜橋までは緩やかな登りですが、
脚に力が入らずヨレヨレ。しばらく来ない
うちに、道路がかなり変わっていました。

<走行データ>
走行距離 26.52km
走行時間 2:14:48
平均速度 11.8km
最高速度 43.0km



TOPに戻る


  • HOME RVワールドのTop Pageに戻ります! QLOOKアクセス解析
  • SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO