部子山 (MTBサイクリング)


平成19年(2007)11月17日平成26年(2014)10月15日平成28年(2016)9月24日

RVの TOP PAGE に戻る RVの Top Pageに戻る サイクリングへ サイクリングへ戻る


平成28年(2016)9月24日



東部農道入口(7:54)


7時集合。Yomeiさんと池田で合流後、
登山口近くの駐車場からスタート!

東部農道は立派な舗装道路ですが、
MTBで登るのは辛いです(汗)

花を撮りながらゆっくりペースです。
ポイント看板は約1km毎にあります。

稜線に出ると斜度が少し緩やかに
なります。

ツリフネソウ
ミゾソバ
キツリフネ
P10(8:36)
(8:48)
(みっちゃん提供)
日野山方面(8:56)
部子山方面(9:05)
(みっちゃん提供)
(9:31)

P6(9:32)


汗ダラダラで登りますが、休むと
すぐ寒くなります。

少し青空が出てきますが、雲海が
凄いです(^^)

山頂方面に雲がかかってきます。
天気は下り坂のようです。

銀杏峰へ向かう未完成林道との
分岐手前が、唯一のダートです。

ゲンノショウコ
カメバヒキオコシ
P5(銀杏峰分岐)(9:48)
(10:02)
(Yomeさん提供)
(10:53)
P1(11:07)
避難小屋(11:15)

担ぎ(11:22)

担ぎ(Yomeさん提供)


再び舗装林道ですが、道幅が
狭くなります。

避難小屋前でひと休み。小屋の
中に、お堂が置いてありました。

林道終点から担ぎと押し歩きで
山頂を目指します。

山頂で昼食。濃いガスのため、
殆ど視界はありません。

ツリガネニンジン
ツリガネニンジン
部子山(標高1464.4m)(みっちゃん提供)
バライチゴ
能楽の里牧場(12:06)
能楽の里牧場(12:09)
下ります(12:27)

(12:29)
(12:40)

東部農道入口(13:00)


下りは超寒いです。牧場に寄ると、
視界が良くなってきます(^^)/

下る途中、後続が来ないのに気づき、
やむなく戻るハメになります。

無事合流後、3人一緒に下ります。
なんとか予定時間にゴール♪

今日は登りで2度、下りで1度戻り、
脚がパンパンになりました(苦笑)

TOPに戻る



平成26年(2014)10月15日



池田町野尻(8:03)


時間短縮のため、池田まで車で移動。
準備の後スタート!

今朝はかなり寒いです。谷口で左折
して、旧道を走ります。

農家を眺めながら進みます。水海に
鵜甘(うかん)神社があります。

県指定文化財の木造王の面があり、
この神社の田楽能舞は国の重要無形
民俗文化財に指定されている。


村はずれに古い電話ボックスがあり、
ここで登山届けを出します。
東部農道入口(8:37)
(9:02)
部子山方面(10:00)
大野分岐(10:14)
(10:21)

(10:53)

標高1200m付近の紅葉(11:12)
(11:23)


(11:30)

東部農道に入り、最初は薄暗い
谷筋を登って行きます。

稜線に出ると見晴らしが良くなり、
開放的な気分になります(^^)

途中、一部でダートになりますが、
おおむね舗装されています。

標高1200m付近が紅葉真っ盛り♪
写真を撮りながらゆっくり登って
行きます。

牧場分岐あたりでガスがわいて
きたので、山頂へと急ぎます。
避難小屋(11:32)
押し歩き
山頂直下(11:38)
部子山(11:44)<クリックしてね>
能郷白山と姥ヶ岳
標高1464.4m(12:02)
能楽の里牧場(12:20)
(12:24)
下りは速い(12:37)
(13:03)


東部農道入口(13:11)

山頂でやっと休憩。温かいコーヒーが
美味しかったです。

休憩中に銀杏峰はガスの中に入って
しまいます。

下りは寒いので、ヤッケを着ます。
牧場に寄りますが、ガスで真っ白!

下る途中、P8分岐から前回登った
尾幸谷林道を偵察しますが、草が
生い茂っているので断念します。

帰りも鵜甘神社に寄り道。能舞台に
なるのか、拝殿がかなり大きいです。

TOPに戻る



平成19年(2007)11月17日


9時06分
池田町・足羽川(標高200m)


自宅発。清水谷トンネル手前で、最初の休憩。
スキーのインナー手袋をしていましたが、防寒
効果が低く、手が凍えます。トンネルを抜けると
池田町です。安善寺で左折。水海を過ぎると
登山届けの電話ボックスがあります。そこから
しばし進んで橋の手前の林道に入りますが、
工事中のため進入禁止の看板とゲート。
地図を出して、ここが予定の林道だと判断。
この林道はほとんどが荒れたダートで、所々で
壊れかかったコンクリート舗装でした。

自宅 7:30発


10時25分 10時38分
ダート
紅葉真っ盛り♪
10時43分 10時55分
稜線 (標高800m)
稜線に出ると、アスファルトの舗装工事中。
断ってから通して貰います。車は通れません。
舗装工事中
舗装したばかりの気持ち良い二車線道路。
帰りにスピードを出せる場所です。
10時55分 10時58分
水海(みずみ)方面
牧場方面
11時30分 11時50分
牧場方面(一部コンクリート舗装)
牧場方面(ダート)
12時10分 能楽の里牧場 (標高1321m)

道路は再びダートになり、急なところでは
所々で歩きになります。オフロードバイクが
下ってきました。羨ましい! 女性4人が乗った
乗用車が、ヨレヨレになった私を追い抜いて
いきました。風が冷たくなり、ヤッケを着ます。
このあたりから疲れきって、ほとんど押し歩きです。
辛抱辛抱....


12時40分 12時40分
反射板と部子(へこ)神社
林道終点には綺麗な避難小屋がありました。
登山者の車が3台ほど駐車していました。
山頂直下
根性でMTBを担ぎ上げて登りますが、スローピング
フレームなので担ぎにかったです。
12時44分 12時48分
姥ヶ岳と能郷白山
部子山(へこさん)(標高1464.1m)

12時50分

山頂にて

山頂に着くと、4人組の女性達が下山して行き
ました。山頂独り占めです。さっそくカップ麺の
昼食です。温かいお湯が体に染み渡ってうま〜い♪
隣は銀杏峰(げなんぽう)、大野盆地に荒島岳、
そして真っ白な白山と別山が綺麗です。

山頂 12:45〜13:08

<自転車のデータ(鯖江〜部子山)>
走行時間 4時間17分
距離 43km(林道14km)
平均速度 10.0km/h


12時50分 12時54分
反射板方面
帰りは快適です♪ ダートはハンドルを取られるので、
カーブでは慎重に減速。アスファルト舗装したばかりの
二車線道路は超快感♪
銀杏峰(げなんぽう)
再び工事現場を通らして貰い、いよいよ荒れたダート。
このダートは轍が大きく、所々のコンクリート舗装も
割れているので慎重運転。

12時55分 白山と別山、大野盆地

車道に出ると、下りは時速30kmで飛ばします。
ところが安善寺あたりでMTBが重くなります(>_<)
後輪を見ると、なんと空気が減っているでは!
応急処置で空気を補給して、野尻まで行きます。
農協支所前で休憩を兼ねてチューブ交換です。
再び清水谷トンネルを通過し、20〜25km巡行。
家に帰ってから体重を計ると3kg減。お疲れ〜♪

自宅着 15:30

<自転車のデータ(部子山〜鯖江)>
走行時間 2時間1分
距離 42km(林道14km)
平均速度 20.8km/h
往復合計85km

TOPに戻る


  • HOME RVワールドのTop Pageに戻ります!
  • SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO