敦賀 港と山

平成16〜17年 敦賀港と気比の松原、 平成25年8月29日 常宮〜西方ヶ岳〜浦底、 平成26年7月2日 市橋〜岩籠山〜駄口

平成27年3月13日 少年自然の家〜野坂岳(スキー)、 8月24日 常宮〜西方ヶ岳〜浦底、 9月15日 岩籠山と中池見湿地

平成28年8月4日 岩籠山と中池見湿地


RVワールドに戻る RV のTop Pageに戻る 県内アルバムへ戻る 県内アルバムへ戻る YAMADAの山スキーワールドへ GO!


平成27年8月4日 市橋〜岩籠山(往復)と中池見湿地


市橋から入山(7:45)


6時35分集合。国道8号で敦賀を
目指します。

市橋から林道に入ります。駐車場
には先客の車が1台(^^)
<駐車場 7:40発>

林道が終わると沢沿いの山道です。
徒渉を繰り返しながら進みます。

イワタバコとヤマジノホトトギスが
あちこちに咲いています(^^)/
徒渉(7:55)
沢沿いの道(みっちゃん提供)
徒渉(8:04)
徒渉(みっちゃん提供)
徒渉(8:06)
ナメ(8:12)
石垣堰堤(8:14)
徒渉(みっちゃん提供)
キンミズヒキ
ヤマジノホトトギス
アキチョウジ


沢筋から離れ、ジグザグの急登を
登り詰めて稜線に出ます。

夕暮山は省略して、尾根の新道を
初めて使います。

岩籠山を経由して、インディアン
高原に移動します。

先客はなんと、山野草に詳しい
つかさん でした(^^ゝ
ヤマトウバナ
イワタバコ
オトギリソウ
ガマズミの実
稜線直下(9:14)
夕暮山の分岐(9:15)
岩籠山(756.2m)(9:35)
インディアン平原(みっちゃん提供)
インディアン平原(みっちゃん提供)
ヒメヤブラン
インディアン平原(9:48)


つかさんは、ナツエビネを目的に
岩籠山に来られたそうです(^^)

さっそく、冷えた飲み物で乾杯♪
冷たい梨が美味しかった(^^ゝ

下りは登りと同じルートです。
近道で夕暮山分岐に出ます。

所々で花の写真を撮りながら、
のんびり下ります(^^)
インディアン平原(みっちゃん提供)
夕暮山の分岐(10:28)
オオバノトンボソウ
イワタバコ
石垣堰堤(11:12)
ナメ(11:14)
林道に出ます(11:30)


沢筋から離れて後、山道は速歩で
下ります。<駐車場 11:36着>

下山後、中池見湿原に寄ります。
スロープカー(無料)が楽しい♪

丘の上に出ると、爽やかな風が
吹いていました(^^)

遊歩道は真夏の暑さ。花はまだ
少なかったみたい?
登りはスロープカー(無料)(11:59)
中池見湿地
イヌゴマ
ヌマトラノオ
中池見湿地(みっちゃん提供)
帰りもスロープカー(無料)(みっちゃん提供)

TOPに戻る



平成27年9月15日 市橋〜岩籠山(往復)と中池見湿地


市橋から入山(7:50)

6時30分集合出発。国道8号線で
敦賀を目指します(^^)

市橋で右折して、狭い林道に入ります。
駐車場には1台の車もありません。

最初は立派な登山道ですが、すぐに
沢沿いの道になります。<7:45発>

徒渉を繰り返しながら登って行きます。
今日は水量がかなり多いようです。
(みっちゃん提供)
沢沿いの道(みっちゃん提供)
徒渉(8:04)
(8:07)
(みっちゃん提供)
(8:16)
石積みの堰堤(8:21)
(8:42)
(8:56)
沢を離れます(9:05)

稜線に出ます(9:19)

沢を離れると、ぐんぐん高度を上げます。
稜線に出てやっとひと休み(^^)

素敵な樹林帯を通って、見晴らしが良い
反射板に出ます(^^)/

分岐まで戻って、岩籠山へ移動します。
下り気味なので、少し不安になります。

岩籠山からは、インディアン平原が
よく見渡せます(^^)
(9:25)
反射板(みっちゃん提供)
岩籠山とススキ(9:28)
ミヤマママコナ
 
岩籠山(756.2m)<写真にマウスを置いてね>(10:00)
インディアン平原(10:05)
インディアン平原(みっちゃん提供)
敦賀湾方面(10:12)
インディアン平原(10:12)
インディアン平原(10:14)

インディアン平原(10:35)

おっかなびっくりで岩の上で遊んでから、
冷たい飲み物で乾杯♪

岩の上でしばし休んでから、往路を戻る
ことにします。

岩籠山の下を歩いている時、山頂から
人の声がしました。

下山中に、2人の単独行とすれ違います。
そのうちの1人は運動靴でした(汗)

<駐車場 12:15着>
市橋へ戻ります(11:29)
(みっちゃん提供)

中池見湿地(わくわく山から)(12:57)

岩籠山が早く終わったので、初めて
中池見湿地に行きます。

駐車場で、みれさんとジオンさんに
出会います(^^)/

みれさんに教えて貰いながら、湿地の
植物の鑑賞会です。ナンバンギセルを
初めて見ました♪

帰りはスロープカーで楽ちんです。
いろいろありがとうございました(^^ゝ
ナンバンギセル
ツリガネニンジン
ヤブツルアズキ
サワヒヨドリ
ミソハギ
<クリックで拡大>(13:19)

TOPに戻る



平成27年8月24日 常宮〜西方ヶ岳〜蠑螺ヶ岳〜浦底


常宮神社(7:42)

6時集合。国道8号で敦賀を目指します。
晴れ予報ですが雲が多く、途中で雨が!

浦底にMTBをデポ。通勤時間帯なので、
原電に向かう車が多いです。

常宮神社に戻り、準備の後スタート!
送電線を過ぎると、奥の院展望所です。

汗ダラダラで登ります。このコースは
大きな岩が多いです。
(みっちゃん提供)
奥の院展望所 <写真にマウスを置いてね>(8:00)
銀命水(みっちゃん提供)
オウム岩(みっちゃん提供)
ブナ林(みっちゃん提供)
ブナ林(9:06)
ツルリンドウ
西方ヶ岳(9:31)
カモシカ台(みっちゃん提供)
カモシカ台(9:59)

ブナ林(10:31)

西方ヶ岳には9時30分到着。時間が
早いので、三角点に移動します。

三角点は狭くて展望はダメ。直前に
雨が降ったのか、笹が濡れています。

すぐカモシカ台に移動します。美浜
原電を眺めながら乾杯(^^)/

まったり休憩後、蠑螺ヶ岳へGO!
濡れた草で衣服がびしょ濡れ(涙)
蠑螺ヶ岳 <クリックしてね>(10:42)
水島方面(11:01)
水島
一枚岩展望所(11:26)
(11:34)
ホツツジ
(12:03)
(12:21)
(みっちゃん提供)
(12:49)

<クリックしてね>(13:17)

かなり下ってから、みっちゃんの
要望で蠑螺ヶ岳に戻ります(苦笑)

蠑螺ヶ岳でみっちゃんから冷たい
果物を頂きます。美味しかった♪

浦底まで長い下りが続きます。
林道に出るとゴールは近いです。

MTBを回収後、綺麗な海を見ながら
ゆっくり常宮に戻りました。


TOPに戻る



平成27年3月13日 少年自然の家〜野坂岳(スキー)


登山口(みっちゃん提供)

越前は氷雨で、敦賀・若狭が晴れ
のち曇り予報です。

ナビに従って遠回りで敦賀市内を
通り抜け、登山口を目指します。

少年自然の家を過ぎると、路面に
雪が残っていました。

数日前の寒波で、少しだけ雪が
積もっています。<9:07 発>

雪のあるところを選んでスキー
歩行です。
(9:29)
(9:41)
トチの木地蔵(みっちゃん提供)
トチの木地蔵(9:48)
(10:06)
(みっちゃん提供)
(11:02)
(11:22)
素晴らしい展望(みっちゃん提供)

トチノキ地蔵を過ぎると、トラバース
気味に登って行きます。

単独の男性とすれ違います。たぶん、
毎日登られている穂高さんでしょう。

テレビ塔からは気持ち良い尾根です。
越前の山と比べると、ヤブが薄いので、
かなり疎林に感じます(^^)

男女ペアが下って来ます。敦賀3山の
Tさんご夫妻です(^^ゝ
避難小屋(みっちゃん提供)
野坂岳(913.5m)(11:28)
敦賀湾目指してGO!(みっちゃん提供)

(みっちゃん提供)
(みっちゃん提供)
トチの木地蔵(12:56)
(みっちゃん提供)
登山口(13:18)

一ノ岳、二ノ岳、三ノ岳と過ぎて、
やっと山頂の小屋が見えてきます。

記念撮影後、小屋の中で昼食休憩。
カップ麺とコーヒーでまったり(^^)

下りは重い雪に難儀しましたが、
意外と滑ることができました(^^)/

トチノキ地蔵から少し下った地点で、
ギブアップ!

スキーをザックに付けて下ります。
すぐに林道になり、登山口に到着。

TOPに戻る



平成26年7月2日 市橋〜岩籠山〜駄口


市橋から入山(8:46)

7時集合出発。下道で敦賀を目指します。
まず、下山口の駄口にMTBをデポして、
車で市橋に戻ります(^^ゝ

岩籠山は久しぶりです。約20年前に、
沢登りで口無谷を往復した記憶が...
ホント、年をとったはずです(汗)

駐車場には1台の車もありませんでした。
準備の後、沢沿いの道をゆっくり登って
行きます。

沢沿いの道なので、あちこちで徒渉が
あります。石積堰堤を過ぎたあたりで、
男性の2人組を追い抜きます。
(8:52)
所々で沢を渡ります(みっちゃん提供)
ギボウシ
沢沿いの道(9:12)
(9:17)
石積堰堤(みっちゃん提供)
タツナミソウ
ガクアジサイ

市橋登山道(みっちゃん提供)

ようやく沢を離れると、急な階段の
登りになります。

稜線分岐から右に進むと、反射板に
出ます。風が爽やかで気持ち良い
展望所です。ここでしばし休憩(^^)

さらに進むと夕暮山です。目立たない
小ピークなので、すぐに戻ります。

岩籠・夕暮分岐に戻ると、先ほどの
2人組が登ってきます。お話を伺うと、
ドライブインしのはらの人で、今日は
コース状況確認だとのことです(^^ゝ
(9:54)
沢を離れます(10:06)
分岐<クリックしてね>(みっちゃん提供)
(10:29)
反射板(みっちゃん提供)
(10:31)
反射板にて(みっちゃん提供)
岩籠山(756.2m)(みっちゃん提供)

岩籠山からの展望(11:09)

岩籠山からインディアン平原の展望は
素晴らしいです(^^)

昔は笹藪をかき分けて歩いた記憶が
ありますが、今は綺麗に整備された
歩きやすい登山道です(^^ゝ

インディアン平原の岩の上で昼食です。
みっちゃんから美味しいフルーツを
頂きました(^^)/

風が爽やかで、岩の上でのんびり昼寝
したかったですが、2人組がやって来た
のを潮時に、駄口へと出発します。
インディアン平原(みっちゃん提供)
インディアン平原(みっちゃん提供)
インディアン平原<クリックしてね>(11:21)
インディアン平原(11:40)
ブナ林(みっちゃん提供)
ブナ林(11:47)
駄口へ下ります(みっちゃん提供)
駄口登山道(みっちゃん提供)

駄口登山道(12:27)

駄口へ下るコースの途中に素敵な
ブナ林があります。ブナの幹をよく
見ると、毛虫がウジャウジャ(汗)

崩壊地を過ぎて、雑木林を下ります。
このあたりから真夏の暑さになって
きます。

大型トラックの音が大きくなると、
フェンス脇を通ってドライブインの
横に出ます。

駐車場で冷たいゼリー で乾杯(^^)/
帰りは怖い国道161号をMTBで爆走♪

TOPに戻る



平成25年8月29日 常宮〜西方ヶ岳〜蠑螺ヶ岳〜浦底


常宮神社(8:07)

6時30分集合。国道8号で敦賀を目指します。
西方ヶ岳は久しぶりです。何十年ぶりかも?

登山口の常宮を通過して、下山口の浦底に
バイクをデポします。この時間帯は原電への
通勤のバスや乗用車が多かったです。

最初は急登ですが、すぐに緩やかな登山道に
なります。土質が脆いので、滑りやすいです。

今日は南風でフェーン現象の予報ですが、
意外と爽やかな風が吹いて、気持ち良く
登って行きます。
登山道入口(みっちゃん提供)
(みっちゃん提供)
奥の院展望所(8:29)
奥の院展望所(みっちゃん提供)

銀命水(みっちゃん提供)
オウム岩(9:20)
(9:38)

(みっちゃん提供)

奥の院展望所からの眺めが素晴らしいです。
銀命水で喉を潤し、オウム岩でまた休憩(^^)
冷たいフルーツが美味しいです(^^)

10時に西方ヶ岳避難小屋に到着。少し早い
ですが、冷たい飲み物でカンパ〜イ♪

岩場に出て眺めを楽しんでから、蠑螺ヶ岳へ
出発。避難小屋から少し行くと、三角点分岐
があります。三角点は省略して先へ進みます。

途中で縦走路から離れ、カモシカ台を往復
して美浜方面の展望を楽しみます。

西方ヶ岳避難小屋(みっちゃん提供)
蠑螺ヶ岳方面(10:24)
敦賀湾(みっちゃん提供)
カモシカ台(10:48)
カモシカ台(みっちゃん提供)
(11:09)

(みっちゃん提供)

蠑螺ヶ岳(11:15)

蠑螺ヶ岳から登山道は下って行きます。
一枚岩展望所からの水島が綺麗でした。

浦底までの下りは土質が砂っぽくて、
歩きにくかったです。

長命水は分岐から少し入ったところに
ありました。美味しい水です(^^)

浦底からはMTBの出番です。まだ冷たい
ジュースを一気飲みしました(^^)

道路は暑いです。原電から立石までは
意外とアップダウンがあります。
蠑螺ヶ岳(みっちゃん提供)
一枚岩展望所(みっちゃん提供)
(みっちゃん提供)

浦底(12:49)
立石岬遊歩道(13:28)
立石岬灯台(13:36)
立石(13:56)

色が浜(みっちゃん提供)

立石からはバイクをデポして歩きです。
遊歩道は夏草が生い茂っていました(汗)

海岸線から樹林帯に入ると、石段の道に
なります。汗を拭き拭き登りました。

立石岬灯台は綺麗でした。ただ、周囲の
夏草が鬱陶しくて展望も良くないです。

立石に戻って、MTBで常宮を目指します。
帰りもアップダウンの連続で、かなりタフな
道路です。

最後にバイクで海に入ったので、小川で
綺麗に洗いました。

TOPに戻る



平成16〜17年 敦賀港と気比の松原
巡視船えちぜん (1)巡視船えちぜん

総トン数 526トン
常備排水量 630トン
全長 67.8b
最大幅 7.9b
主機/軸数 ディーゼル2基,2軸
最大搭載人数 33名
竣工年月日 昭和55年9月30日

巡視艇すいせん (2)「すいせん」と「えちぜん」

巡視艇すいせん(CL-109)
総トン数 23トン
満載排水量 19トン
全長 20.0b
最大幅 4.3b
主機/軸数 ディーゼル2基,2軸
最大搭載人数5名
竣工年月日 平成11年3月31日

巡視船えちぜん (3)巡視船えちぜん

夕暮れ時の巡視船えちぜん

巡視船えちぜん (4)「えちぜん」と「わかさ」

巡視船えちぜん(PM-03)と
福井県警わかさ

てんよう (5)てんよう

タグボートみたいですが?

気比の松原 (6)気比の松原

対岸は火力発電所と
つるが新港です♪

気比の松原 (7)気比の松原

向こう側は敦賀半島の
西浦地区です。

気比の松原 (8)気比の松原

気比の松原は市民の
散策コースです♪

福井丸 (9)福井丸

漁業調査船「福井丸」

新日本海フェリー「しらかば」 (10)しらかばNo1

新日本海フェリー「しらかば」

新日本海フェリー「しらかば」 (11)しらかばNo2

新日本海フェリー「しらかば」
この船が出航した後、
待機していたすいせんが
入港してきました。

新日本海フェリー「すいせん」 (12)すいせんNo1

フェリーの接岸光景♪
新日本海フェリーすいせんが
バックしてきます。

新日本海フェリー「すいせん」 (13)すいせんNo2

だんだん大きくなりました♪

新日本海フェリー「すいせん」 (14)すいせんNo3

作業員が準備しています。

新日本海フェリー「すいせん」 (15)すいせんNo4

接岸終了♪
危険なロープ作業が
見事でした♪

赤煉瓦倉庫 (16)赤煉瓦倉庫

今は使われてませんが、
観光用の再利用が
待たれます。

気比の松原 (17)気比の松原

気比の松原の中を
通っている道路です。

(18)

港の反対側はのどかです♪

(19)

雪の松原♪
西方ヶ岳が綺麗です。

(20)

東浦(火力発電所)方面。

(21)

西浦方面。
この先に、原子力発電所があります。


TOPに戻る


  • HOME RVワールドのTop Pageに戻ります!
  • QLOOKアクセス解析
    SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO