経ヶ岳周辺(鯖江市)

平成22年1月1日ミニスキー、 平成22年2月MTB、 平成22年5月新緑散歩、 平成22年6月梅雨の合間、 平成22年10月秋の花

平成22年11月紅葉散策、 平成23年2月雪の散歩道、 平成23年3月MTB、 平成23年9月秋の花、 平成24年1月MTB

平成24年1月MTB、 平成24年2月スキー、 平成24年2月スキー、 平成24年4月カタクリ、 平成24年4月桜とカタクリ

平成24年9月残暑、 平成24年12月師走、



RVワールドに戻る RV のTop Pageに戻る 県内アルバムへ戻る 県内アルバムへ戻る YAMADAの山スキーワールドへ GO! 経ヶ岳周辺その2へGO!



平成24年12月17日 師走


名水榎清水

絶好のランニング日和ですが、昨日のスキーで
痛めている右膝が悪化。やむなくウォーキングで
我慢します(涙)

榎清水に寄って、関口亭へゆっくり登ります。
下りは途中まで山道を使います。春慶寺前に
少しだけ雪が残っていました。

案内板に従って、近松の里を散策します(^^)
磨崖仏を拝んでから、旧吉江藩七曲り通りを
経由して帰途に就くつもりでしたが、経ヶ岳を
眺めていたら、無性に登りたくなりました。

右膝が心配ですが、ゆっくり下ればなんとか
なるでしょう。

名水榎清水
関口亭(旧料亭)
関口亭上の祠(金毘羅さん)
春慶寺
石仏
春慶寺参道
近松の里
経ヶ岳(鯖江市)
送電線鉄塔
経ヶ岳(標高182.0m)

陸自鯖江駐屯地と乙坂山

陸上自衛隊鯖江駐屯地前を通って、大谷公園へと
ゆっくり登っていきます。すぐに左手に巡視道の
入口。雪はすっかり消えてしまい、シューズでも
登ることができます。やがて送電線鉄塔に出ます。

竹藪を抜けると経ヶ岳山頂です。山頂にも雪は
ありませんでした。写真だけ撮ってすぐに下山!

下りは怖かったです。シューズがよく滑り、途中で
3回ほどスリップ。右膝をかばいながら、ゆっくり
下りました(>_<)

下山後、大谷公園から春慶寺に寄り、膝に違和感を
感じながらゆっくり歩きました。

TOPに戻る



平成24年9月1日 残暑お見舞い


名水榎清水


連日の酷暑で不安定な天気が続きます。
こんな時は早朝散歩です。疲れないよう
ゆっくりペダルを漕ぎます。

名水榎清水から石段を登って、座禅石に
寄ります。夏草がすごいので早々と退散。

関口亭への激坂は、無理せずゆっくり登り
ます。バイクを料亭前にデポして、祠へは
歩いて登ります。元気なのは夏草だけ(笑)
下ってから春慶寺に寄ります。

座禅石
関口亭上の祠
鯖江市街と日野山
春慶寺
春慶寺参道
春慶寺参道
春慶寺横の蓮池(二葉葵)
大谷公園

鯖江市街と日野山

大谷公園の巡視道入口にバイクをデポし、
ボトルだけ持って経ヶ岳に登ります。
春先はかなり荒れていましたが、今は
綺麗に整備されて歩きやすい道でした。

山頂から反対側の鉄塔へ下ります。道が
綺麗に草刈されていたので、そのまま
下ります。谷に下りると、切り倒された
竹で障害物レースになります。

林道に出ると、夏草が繁茂して非常に
歩きにくいです。こちら側から入山
したなら、とても登る気にはならな
かったでしょう。

経ヶ岳(標高182.0m)
谷筋の道
葛の花
大谷公園付近のため池
竹藪の山道
送電線三叉路の鉄塔
巡視道
巡視道

経ヶ岳

大谷公園に戻って再びバイクの出番です。
自衛隊前を通り、竹藪に入っていきます。
バイクをデポして、空身で登ります(^^)

巡視道に出ると、ここも綺麗に草刈りされて
いました。しばし付近を探索後、ゆっくり
下ります。

下山後、衣服や帽子の蜘蛛の巣が酷かった
です。もう1本巡視道を登るつもりでしたが、
もうそんな気力は失せてしまい、ゆっくり
戻ります。

TOPに戻る



平成24年4月15日 桜とカタクリ


関口亭(旧料亭)の桜

午後から天気が回復したので、いつもの
春慶寺方面へとジョギング。山野草の
状況を調べながらゆっくりペースです。

まず、春慶寺から関口亭(旧料亭)へと
登ります。自転車(MTB)なら辛い激坂も、
ランニングだとそんなに辛くないです(^^)
期待に違わず、関口亭付近の桜は満開で
素晴らしかったです♪

いったん下って、旧林道をゆっくり走行で
大谷公園に向かいます。途中の日当たり
良い斜面に、カタクリ群落があります(^^)

関口亭からの鯖江市街
大谷公園への旧林道入口
カタクリ(旧林道脇)
大谷公園
ため池
ため池付近のカタクリ
鉄塔巡視道
大谷公園方面(鉄塔巡視道より)

自衛隊裏の林道

大谷公園から下って、ため池に寄ります。
ここの桜はまだ咲き始めでした。道路脇の
南斜面のカタクリ群落が素晴らしかったです。

戻って林道に少し入ってから、鉄塔巡視道を
進みます。ここの桜は満開でしたが、大雪で
折れたまま満開の桜が1本ありました。
その生命力に感激(^^ゝ

帰りは丸山公園に寄ります。公園のど真ん中で
花見宴会をしている人達がいました。花見って、
ホント不思議な光景です(笑)

期待していた山野草は、ほとんどありません
でした。今年はすべて遅いです。

TOPに戻る



平成24年4月9日 カタクリ(散策)


送電線鉄塔

山スキーの疲れが残っているのか、
夜中に脚が攣りました。今朝は少し
寒いですが、ストレッチ代わりに
朝散歩に出かけます。

大谷公園にMTBをデポして、公園横の
林道に入ります。谷の入口は倒れた
竹が積み重なり、越えるのに難儀
しました。

竹林の山道に入ると歩きやすくなり
ます。すぐに送電線鉄塔に出ます。
山頂から反対側の山道を下ります。

経ヶ岳三角点(標高182.0m)
竹林の山道
かなり荒れています
カタクリ(片栗)
片栗群生地
カタクリ
大谷公園
大谷公園

林道入口の菜の花

大雪の被害は大きいです。例年以上に
竹が倒れています。かなりの被害状況
です。

竹林を出ると、カタクリの群生地に
出ます。経ヶ岳の周囲にはカタクリの
群生地があちこちにあります。

大谷公園からは旧林道を下ります。
杉林を抜けると、菜の花がたくさん
咲いていました(^^)

TOPに戻る



平成24年2月18日スキー


春慶寺参道

午後から日が射してきたので、雪山散歩に
出かけます。いつものように春慶寺から
関口亭に登ります。いったん谷筋を滑って
やっかいなヤブ谷に下ります。急斜面を
トラバース気味に登りますが、段差と薮に
悪戦苦闘。ここはいつも泣かされます(>_<)

なんとかゴルフ場との境界尾根に登ると、
山頂はすぐそこ。ポットのお湯でコーヒーを
作って、しばし憩いのひとときです(^^)

うっかり隣の尾根を送電線鉄塔まで下って
しまい、少し登り返します。竹藪の道を
ボーゲン気味に下って、大谷公園に出ます。

関口亭の上にある社
ゴルフ場との境界尾根
経ヶ岳(標高182.0m)
送電線鉄塔と鯖江市街
林道終点
標高161mピーク
大谷山荘
ため池

ルートマップ

自衛隊裏の林道を登り、林道終点から
標高161mピークを目指します。ピークで
ポットのお湯でコーンスープを作って飲み
ました。美味しかったです(^^)

下りはシールを剥がして、GPSを頼りに
大谷山荘を目指しますが、またしても
隣の尾根を滑ってしまいます。GPSを
頼りに、トラバース気味に隣の小尾根
に移動しました。

無事大谷山荘に出てから、大谷公園に
登りかえして春慶寺へと戻ります。

TOPに戻る



平成24年2月6日スキー


春慶寺参道

大雪は峠を越えましたが、お出かけの時は
駐車スペースがありません。なんとか車を
安全な場所に置いて、春慶寺に向かいます。

参拝後、車道をスキーで関口亭(旧料亭)へ
登ります。社でお参りしてから、ヤブに
突入。すぐに下りになり、採石場跡地に
出ます。経ヶ岳へのルートを探しますが、
どこも絶壁状態でした。戻って、いつもの
谷筋へと下ります。

谷は水が流れているので、スキーを外して
切り倒された古竹を乗り越えて進みます。

春慶寺
関口亭の上にある社
日野山方面(採石場跡地)
鯖江市街
いったん谷に下ります
経ヶ岳三角点(標高182.0m)

尾根道

障害物を乗り越えると、穏やかな斜面に
なります。気持ち良く登って、ゴルフ場
との境界尾根に出ます。山頂まではすぐ!

山頂では、ポットのお湯で温かい飲み物を
作って休憩。ここからゴルフ場の境界尾根を
捜しますが、ヤブっぽい急斜面に嫌気が
さして、いつもの大谷公園への山道を下る
はめになります。狭い下りなので、シールは
貼ったままです。

大谷公園に出てから、スキーでため池へと
向かいます。大谷山荘から雑木の尾根に
取り付きます。意外と緩やかな尾根です。

大谷山山荘とため池
標高161mピーク
日野山と送電線鉄塔
送電線巡視道
巡視道登山口
雪原(水田)と日野山

MAP

GPSを頼りに、標高161mピークを目指します。
ピークには、赤と黄色のテープが残されて
いました。こんなヤブ山にも、訪れる人が
いるんですね(^^)

暗い杉林を抜けると、明るい雑木の尾根に
なります。送電線鉄塔でひと休みです。
ここから巡視道があるので、安心です(^^)

シールを貼ったまま滑って行くと、住宅街の
裏に出ました。鉄ハシゴを下って他人の庭を
通って道路に出ます(笑)

帰りは雪原(田んぼ)を通って最短コース♪

TOPに戻る



平成24年1月24日MTB


春慶寺

山陰や丹後が大雪ですが、なぜか朝から快晴!
こんな日はゆっくりジョグです。公園の土が
凍っているので、意外と走りやすかったです。

あまりにも天気が良いので、昼食後にMTBで出動!
ところが、天気予報通り冬の雲が拡がりだします。
まず春慶寺から関口亭を往復してから、旧林道を
通って大谷公園に登り、オール担ぎで経ヶ岳に
登りました。

下山後、小雪が舞いはじめます。あっという間に
雪景色が出現します。明日は大雪?

春慶寺
鯖江市街と日野山(関口亭より)
関口亭の上にある社
経ヶ岳への山道(竹林)
鯖江市街と日野山(送電線鉄塔より)
経ヶ岳三角点(標高182.0m)
送電線鉄塔
送電線巡視道

TOPに戻る



平成24年1月MTB


名水榎清水

久しぶりの晴れ予報ですが、怪しい雲が
拡がっています。今日は担ぎがあるので、
VOODOO SOBO号のボトルケージを取り
外します。ゆっくりペダルを漕ぎますが、
さすがに風が冷たいです。

まず、春慶寺から関口亭(旧料亭)に
登りますが、途中から雪が出てきて
押し歩きになります。

関口亭前で日野山と鯖江市街の展望を
楽しんでから下山しますが、雪道は
押し歩きです(^^)

関口亭横の山道
関口亭の上にある社
鯖江市街と日野山
大谷公園
山道
経ヶ岳三角点(標高182.0m)

経ヶ岳の山道

関口亭から下山後、大谷公園に登ります。
平野部は雪がほとんど消えていますが、
少し登るだけで、雪景色になります。

山道(巡視道)は、ほとんど担ぎです。
竹林を通り、鉄塔から山頂はすぐそこ(^^)
竹があちこちで倒れ、歩きにくかった!

記念撮影後、すぐ下山開始。ポットの熱い
お湯が美味しかったです。

下山後、ため池に寄ってから、自衛隊前を
通って巡視道西武生線に取り付きます(^^)

自衛隊裏のため池
経ヶ岳方面
巡視道西武生線
巡視道西武生線
経ヶ岳方面
巡視道西武生線

弁天橋(浅水川)

落ち葉の巡視道はすぐに雪道になります。
送電線鉄塔からしばし担ぎと押し歩きで
進みますが、途中でギブアップ!

弁天橋を渡り、旧吉江藩七曲り通を通って
戻ります。

アンカーRFX8のオーバーホールが終わった
とのことで、帰ってからアンカー号を取りに
ショップに行きました。3万円弱の出費が
痛いです(>_<)

TOPに戻る



平成23年9月秋の花



春慶寺入口

台風が接近して今にも小雨が降りそうですが、
自衛隊駐屯地横の経ヶ岳へ散歩に出かけます。
大谷公園の林道は草ボウボウ。ダッシュで
走り抜けましたが、シューズがびしょ濡れ(涙)

竹藪に入ると蜘蛛の巣だらけです。手近な
枝を捜して、振り回しながら歩くハメになり
ます。目の前や頭の上を虫が飛び回って、
実に鬱陶しいです。おまけに、タイツに
草の実がビッシリついているではないですか!

沢から離れると、竹林の気持ち良い道です。
山頂は日当たりが良いせいか、草ボウボウ
だったので、三角点の周囲だけ草取りしました。

ツリフネソウ
沢沿いの山道
竹林(登り)
三角点(標高182.0m)
センニンソウ
ヤブラン
ツリガネニンジン
竹林(下り)

陸上自衛隊鯖江駐屯地


センニンソウ
キンポウゲ科、センニンソウ属
有毒で、別名は馬食わず(うまくわず)
日本全国に分布する半木本性常緑ツル植物
葉は3〜5に分かれた複葉。葉柄や葉の
中間部分などで他のものに巻き付く

花は8月から9月に開き、4枚の花弁に
みえる顎片は十字型に開く


大谷公園を通って、登山口に戻ります。
シャツやタイツやシューズが、泥や
蜘蛛の巣でかなり汚れてしまいました。
帰宅後に雨が降り出して、セーフ!

TOPに戻る



平成23年3月MTB



春慶寺

昨夜から季節外れの冬型で、小雪が舞って
かなり寒いですが、意を決してMTBでポタに
出かけます。まず、春慶寺に寄ってから
大谷公園横の林道を進みます。この時期は
雑草がまったくないので楽なはずですが、
大雪の影響で倒木が多くて難儀します。

鉄塔巡視道は一応整備されていますが、
土地の所有者の意向か、一箇所だけ倒木で
道がわからなくしてあるので、MTBを担いで
斜面を迂回するハメになり、通過にかなり
苦労しました。

谷の入口
鉄塔巡視道
経ヶ岳三角点(標高182.0m)
反対側に下ります
自衛隊裏の林道
鯖江市街の展望


行き止まり

経ヶ岳山頂からは反対側に下ります。こちらは
よく整備されていました。鉄塔を過ぎると急な
下りになり、テクがないので押し歩きになって
しまいます。

大谷公園から下って、次は自衛隊裏の林道を
登りますが、パワー不足で泣く泣く押し歩き
です。ここは山菜の時期が楽しみです(^^)

下りはあっという間です。自衛隊駐屯地前を
通り、巡視道西武生線に向かいます。再び
小雪が舞いだし、北風ビュービュー(>_<)

平和台団地(西番町)
巡視道西武生線
巡視道西武生線
浅水川堤防
浅水川堤防道
泰澄寺

泰澄寺

巡視道西武生線には、ところどころに楽しい
シングルトラックがあります。落ち葉を踏んで
楽しいライドですが、タイヤがすり減っていて、
かなりスリップしました。そろそろタイヤ交換の
時期ですね。

反対側に下ってから浅水川堤防のダート道を
走りますが、北風がかなりきつかったです。
清水山橋から三尾野町、中野町を通り、浅水に
出て泰澄寺に寄ります。いろいろお参りしてから
旧北国街道を南下して戻りました。

<走行データ>
不明(約2時間)

TOPに戻る



平成23年2月雪の散歩道



春慶寺入口

大雪のため、春慶寺付近には駐車スペースが
ありません。やむなく離れた場所に駐車場を
確保して、歩いて大谷公園へと向かいます。

雪山を乗り越えて、やっとスキー歩行開始。
林道はすぐに竹や倒木でふさがれ、スキー板を
手に持って倒木くぐりです。ここが本日最大の
難所でした。

谷が開けた場所から谷筋を離れて、明るい
疎林の斜面を登ると、ゴルフ場からの古い
尾根道がある稜線に到着です。ここから
山頂まではすぐそこです。

谷の入口
尾根に向かいます
稜線
経ヶ岳(標高182.0m)
山頂横の小ピーク
尾根道

丹生郡方面

山頂で休憩してすぐに隣の小ピークに
移動します。ここでシールを剥がして
滑降開始ですが、バリバリ雪で思うように
ターンできませんでした。尾根を最後まで
滑っていくと、三叉路に出ます。下には
ゴルフ場が見えます。トラバース気味に
雑木を避けながら右方向に滑っていくと、
伐採斜面に出ました。

伐採斜面を滑り降りてから、シールを貼って
左の尾根沿いに進んで平坦な場所に出ると、
そこが関口亭春慶寺山店のちょうど真上です。
視界が開けて、日野山が綺麗に見えました。

お社(関口亭春慶寺山店付近)
日野山方面(関口亭春慶寺山店から)

春慶寺入口

関口亭春慶寺山店(旧料亭)からはところ
どころで車道をショートカットして滑ります。
春慶寺では年配の方が小型トラクターで
除雪中でした。無住のお寺でもこのような
人達によって、お寺が維持されてるんで
しょうね。感謝(^^ゝ

再び集落の中を歩いて、駐車場所に戻り
ます。約2時間の雪道散歩でした。

TOPに戻る



平成22年11月紅葉散策



経ヶ岳(鯖江市)

予報では午前中は晴れマーク。薄雲が拡がり
日射しが弱々しいですが、春慶寺と経ヶ岳へ
VOODOO号で散歩に出かけます。旧料亭への
激坂は、なんとかクリアします。道路脇の
紅葉はかなり散っていました。

関口亭春慶寺山店から山道を登り、小さな
祠でお参りします。鯖江市街の展望は残念
ながら霞んでいました。いったん下って、
大谷公園横の林道から経ヶ岳に登ります。

関口亭春慶寺山店への激坂
関口亭春慶寺山店(旧料亭)
落葉サクサク
経ヶ岳(標高182.0m)
大谷公園付近のため池
大谷公園付近のため池


西光寺の大銀杏

鉄塔巡視道と分かれると、山道は突然に
荒れた状態になります。たぶん侵入者を
防ぐためだと思われます。すぐに谷筋の
綺麗な道になり、しばらく進むと左手の
竹藪の中を登ります。

薮が薄くなったので、山頂からゴルフ場へと
散策します。昔は立派な山道だったと思われ
ます。再び山頂に戻り、反対側に下ります。
竹藪の道を下り、大谷公園の下に出ました。

大谷公園から自衛隊駐屯地側に下り、ため池に
寄った後、VOODOO号を押し歩きして最初の
鉄塔まで行きました。

帰りは吉江地区を通って帰ります。西光寺の
大銀杏が見事でした(^^)

TOPに戻る



平成22年10月秋の花



経ヶ岳(鯖江市)

予報と違って天気が怪しいですが、経ヶ岳に
散歩に出かけます。福井県内には経ヶ岳が
3つあって、奥越の経ヶ岳(標高1625.2m)、
吉峰寺近くの保田の経ヶ岳(標高764.9m)、
ゴルフ場横の鯖江の経ヶ岳(標高182.1m)です。

奥越の経ヶ岳は有名ですが、鯖江の経ヶ岳は
ほとんど無名の里山です。登山口がわかりにくい
ので、たぶん竹林の所有者か電力会社の関係者
しか登らないのだと思います。

山野草へGO! 山野草へGO!

ミゾソバ
ツリフネソウ
竹林
経ヶ岳三角点(標高182.0m)
キノコ?
竹林
大谷公園
陸上自衛隊鯖江駐屯地


弁財天橋(浅水川)

大谷公園近くの林道から登山開始。鉄塔巡視道が
ありますが、沢の入口に山林の所有者が意図的に
道に竹を切り倒して、よそ者が入りにくいように
しています。ここを越えれば、綺麗な山道です。

竹林の道を登ると、鉄塔があります。すぐに
山頂です。山頂からは反対側に下ります。

竹林を下ると鉄塔に出ます。さらに下って、
大谷公園下に出ることができます。大谷公園に
戻り、VOODOO号を回収。山野草が綺麗でしたが
ズボンもシャツも朝露でびしょ濡れ。それに、
蜘蛛の巣がひどかったです(>_<)


TOPに戻る



平成22年6月梅雨の合間



春慶寺

昨日の疲れが残っていますが、体を軽く
ほぐすために、近場の経ヶ岳へと朝ポタ。
VOODOO号を大谷公園に置いて登山開始(^^ゝ

山道は意図的にヤブになりますが、ここを
通過すると、竹林の中の立派な道になります。
すぐに経ヶ岳山頂に到着。三角点は夏草が
生い茂っていたので、少し草刈りします。
ゴルフ場方面は藪っぽくなっていたので、
晩秋までお預けです。

竹林
経ヶ岳三角点(標高182.0m)
ホタルブクロ
大谷公園


巡視道西武生線

大谷公園から再びVOODOO号でダートを下り、
巡視道西武生線入口へと移動。入口から
少し登った地点にVOODOO号をデポします。
この巡視道はよく整備されていて、非常に
歩きやすかったです。

鉄塔毎に巡視道を確認しながら進みます。
次第に音がする谷筋に下って、コンクリート
工場の前に出ます。汗を拭きながら車道を歩き、
途中で西番の磨崖仏1号に参拝します。

巡視道西武生線
鉄塔
ギボウシ
西番の磨崖仏1号


経ヶ岳(鯖江市)

再び巡視道入口に戻り、VOODOO号を回収(^^)
昨日の高速サイクリングのような使い方は
かなり辛いですが、今朝のようなダートを
含む道のポタリングには最適な自転車です。
フレームの傷が気になるので、タッチペイントを
買ってきて補修しなければ....

ムッとする蒸し暑さで、汗ダラダラの散歩に
なりました。ふう〜


TOPに戻る



平成22年5月新緑散歩



春慶寺

早朝散歩に春慶寺付近に出かけます。
完成したばかりの大谷公園にVOODOO号を
置いて、経ヶ岳を目指します。沢沿いの
道をゆっくり登ります。周囲は竹林なので
あちこちにタケノコが出ています。かなり
大きくなったタケノコがやたら目立ちます。
この辺の地主は、収穫しないのかしら?

送電線巡視道の真ん中にも、タケノコが
ところかまわず出ていました。山頂には
あっという間に到着。見晴らしは悪いです。

たけのこニョキニョキ
経ヶ岳三角点(標高182.0m)
ミズタビラコ
ウマノアシガタ
陸上自衛隊鯖江駐屯地方面
ジシバリ


大谷公園より入町方面

下りも周囲は竹林です。全体に日当たりが
悪いので、山野草は数が少なかったです。

下山後、大谷公園を横切って駐車場に戻り
ました。せっかく作った立派な公園ですが、
管理をうまくやらないと、荒れ放題の
公園になってしまうでしょうね。


TOPに戻る



平成22年2月MTB



荒れた山道

大雪でしたが、今週は暖かい日が続き、
平野部の雪がすっかり消えてしまいました。

正月以来の課題である経ヶ岳(鯖江市)へ
MTBで朝ポタです。今日は行動予定時間が
不明なので、春慶寺はパスして造成中の
公園横の林道を進んでいきます。分岐の
小川を渡り急な登山道を登ると、見覚えある
埋め立て地のような台地に出ました。

分岐に戻って、谷を詰めていきますが、
山道には切り倒した竹がばらまかれています。
たぶん、侵入者を防ぐために意図的になされて
いるものと思われます。

日野山(埋め立て地)
尾根道(巡視道)
ゴルフ場
尾根道


経ヶ岳(山頂)

障害物を避けながら先へ進むのは疲れるので、
正月に下った尾根の山道を目指し、MTBを担いで
右方向へと斜面を登ります。車輪に枝が絡まり
なかなか上に進みません。

ヘロヘロになって尾根の山道に出ます。念のため
右方向に山道を進むとやはり行き止まり。ゴルフ場が
あるので薮が薄いところを下ると、確かに登山道です。
やっと疑問が1つ解明しました(^o^)/

戻って山頂を目指しますが、山道が急なうえ、
落葉がフワフワで乗車できません。トホホの
押し歩きになってしまいました。
ゴルフボール

鉄塔
巡視道
巡視道(竹藪)
巡視道入口


ため池(大谷公園付近)

山頂で写真を撮ってすぐに出発。分岐があるので
左の急な山道を下ると鉄塔があります。さらに
竹藪の山道を下ると、見覚えのある荒れた谷です。

これで第2の疑問が解けました。再び分岐まで登り
返し、分岐から右の巡視道を下ります。竹藪の急な
坂なので、ほとんど担ぎか押し歩きです。林道に
出ると、そこは造成中の公園入口です。自衛隊の
駐屯地では隊員が朝のランニングをしていました。


TOPに戻る


平成22年1月1日 ミニスキー



名水榎お清水

我が家の雑煮(丸餅)は白味噌仕立てで、
具は大根と人参だけです。年賀状を出しに
行くついでに実家に寄ると、雪が店先と
駐車場前に積んであります。さっそく雪かきに
取りかかります。

午後は以前から暖めていた計画を実行。
標高182.1mの経ヶ岳登山です。榎お清水に
車を置いて出発。最初からショートスキーでの
歩行です。関口亭(元料亭)までの激坂は
帰りが楽しみです。

元料亭への激坂
フリートレック(ロシニョール)
元料亭付近のお社
埋め立て地


鯖江市方面(埋め立て地)

山道に入るとすぐに終点。ここからヤブ漕ぎですが、
すぐに広場に出ます。鉄塔監視道を捜すのに手間取り
ました。監視道は沢に下りて分岐を右に進みますが、
道が?? 仕方なくスキーを外して、小沢の中を
進みます。再びスキーを履いて尾根道に出ます。

尾根道を快適に進むとすぐに山頂。右手にはゴルフ場。
記念撮影だけして下山開始です。ショートスキーは
狭い尾根道でもスイスイ(^^) 尾根が突き当たった
地点で道が不明瞭になり、GPSに従って右手の斜面を
滑り降ります。すぐに見覚えのある小沢。これで
ひと安心。板を手に持って登り返し、なんとか
元料亭まで戻ります。春慶寺でミニ山行は終了(^^)

登山道
山頂(経ヶ岳)
春慶寺(本堂)
春慶寺(入り口)


TOPに戻る

  • HOME RVワールドのTop Pageに戻ります! QLOOKアクセス解析
  • SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO