野見ヶ岳(武周ヶ池)


(H26)野見ヶ岳から岩谷峠(魚見峠)(H26)野見ヶ岳から岩谷峠(魚見峠)(H27)野見ヶ岳(スキー)

(H27)大山から野見ヶ岳(スキー)(H27)野見ヶ岳(文室から)(H27)野見ヶ岳から岩谷峠(魚見峠)

(H27)野見ヶ岳から岩谷峠(魚見峠)Part2(H28)野見ヶ岳(往復)(H28)野見ヶ岳から岩谷峠(魚見峠)

(H29)野見ヶ岳(スキー)


RVワールドに戻る RV のTop Pageに戻る 県内アルバムへ戻る 県内アルバムへ戻る 山歩きの部屋へ 山歩きの部屋へ戻る YAMADAの山スキーワールドへ GO!


野見ヶ岳から武周ヶ池(スキー) 平成29年1月26日



登山口(8:38)


7時30分集合。日野山の麓を
通って牧谷に向かいます。

山間部に入ると雪が増えます。
屋根に雪がかなりあります。

登山口からガチガチの急登(汗)
やむなくクトーを装着します。

杉林を過ぎて雑木林になると、
雪が緩んできます(^^)

動画(2分00秒)へGO!
(9:16)
第1鉄塔(9:22)
(9:33)
第3鉄塔(みっちゃん提供)
第3鉄塔(10:05)
伐採斜面(10:08)
伐採斜面(みっちゃん提供)
第4鉄塔(10:20)
(みっちゃん提供)
野見ヶ岳(第5鉄塔)(10:40)

武周ヶ池(みっちゃん提供)


クトーを片づけて気持ち良く
登って行きます。

3番目の鉄塔付近から上は
伐採斜面で、帰りが楽しみ♪

5番目の鉄塔が野見ヶ岳の
山頂です(^^)/

武周ヶ池は雪の原になって
いました(^^)
(10:50)
手前は唐木岳、後ろは白山と部子山(11:01)
雪のテーブル(みっちゃん提供)
戻ります(11:40)
武周ヶ池(11:46)
巡視道尾根(12:11)
伐採斜面(みっちゃん提供)
伐採斜面(12:21)
杉林(12:54)


見晴らしの良い尾根分岐で
雪のテーブルを作ります。

まったり休憩後、野見ヶ岳に
戻ります。

下りのスキーは疲れました。
最後は杉林を下りましたが、
楽ではなかったです(苦笑)

下山中は雲が広がりましたが、
帰宅後、再び青空に...

TOPに戻る



野見ヶ岳から岩谷峠(魚見峠) 平成28年11月10日


案内板(みっちゃん提供)


8時集合。今日は午前中だけ晴れ
予報ですが、雲が多いです(汗)

MTBを魚見峠(岩谷峠)にデポ後、
巡視道登山口へ車で移動します。

前日が氷雨だったので、今日の
登山道はかなり濡れています。

紅葉の写真を撮りながらゆっくり
登って行きます。

巡視道登山口(9:23)
(9:42)
(みっちゃん提供)
送電線鉄塔No3(10:10)
(10:11)
(10:13)
(10:17)
(10:18)
(みっちゃん提供)
野見ヶ岳(678m)(10:23)
武周ヶ池(10:27)
武周ヶ池(10:47)
武周ヶ池(10:48)


4番鉄塔と5番鉄塔(山頂)の間に
綺麗な赤い紅葉が多いです(^^)/

途中で青空が出てきますが、山頂に
着く頃にはまた曇り空(涙)

武周ヶ池で陽が射すのを待ちながら
まったりカフェオープン♪

寒くなったので移動。岩谷山への
山道が良くなっていました。

サルトリイバラ(10:51)
(11:06)
(11:06)
(11:07)
岩谷山分岐(みっちゃん提供)
岩谷山(708.9m)(11:17)
岩谷山分岐(11:24)
(11:25)
魚見峠(岩谷峠)(みっちゃん提供)
魚見峠(岩谷峠)(11:43)
魚見峠(岩谷峠)から下ります(11:47)
(11:58)
ダウンヒル(みっちゃん提供)


岩谷山からの展望は良くないです。
写真だけ撮ってすぐ戻ります。

魚見(岩谷)峠への登山道周辺は
黄葉真っ盛りです(^^)/

峠からの県道は、路面が濡れて
いるのでブレーキかけっぱなし。

下りは超寒かったです。帰宅後、
やっと青空になりました(苦笑)

TOPに戻る



送電線尾根から野見ヶ岳(往復) 平成28年2月25日


登山開始(8:31)

7時半集合、行き先に迷いましたが、
予定通り野見ヶ岳にします。

文殊山や三里山は真っ白でしたが、
南条方面は意外と雪が少ないです。

登山開始後、ワカンを忘れたことに
気づき、駐車地点に戻ります(涙)

思ったほど雪がないので、快調に
登って行きます(^^)

(みっちゃん提供)
(8:45)
3番目の鉄塔(みっちゃん提供)
3番目の鉄塔(9:11)
(9:12)
4番目の鉄塔(9:20)
(みっちゃん提供)
(9:25)

野見ヶ岳(標高678m)(9:32)

野見ヶ岳まで1時間弱でした。
すぐ武周ヶ池に向かいます(^^)

武周ヶ池は雪の原です。池の畔で
しばしコーヒータイム(^^)/

寒いので、すぐ岩谷山が見える
展望所に移動します。

唐木岳や岩谷山の展望を楽しんで
から、武周ヶ池に戻ります。

(みっちゃん提供)
武周ヶ池(みっちゃん提供)
武周ヶ池 <クリックしてね>(9:37)
(みっちゃん提供)
展望所(後ろは唐木岳)(10:05)
下ります(10:26)
(みっちゃん提供)
(10:44)

下山完了(11:03)

野見ヶ岳に戻ると、雲がすっかり
消えて青空になっています(^^)/

送電線尾根は陽当たり良いせいか、
雪がかなり融けていました。

急尾根なので、所々でスリップ
します(汗)

登山口に着くと、周囲の雪は殆ど
消えていました。

TOPに戻る



野見ヶ岳から岩谷峠(魚見峠)Part2 平成27年11月4日


(みっちゃん提供)

9時30分集合。今日は快晴です(^^)
峠にMTBをデポして戻ります。

駐車場から10分ほど歩き、登山口を
10時37分スタート!

送電線尾根の途中から紅葉真っ盛りに
なります(^^)/

写真を撮るので、ゆっくりペースです。
それでも、約55分で山頂に到着(^^ゝ

(10:47)
(11:02)

(11:19)
(11:25)
(みっちゃん提供)
紅葉真っ盛り♪
(11:27)
(11:29)
山頂(11:34)
武周ヶ池(11:40)

武周ヶ池はちょうど見頃でした(^^)
ブナの黄葉が光り輝いています!

写真を撮ってから、池の畔でカフェ
オープン(^^)/

休んでいると体が冷えてきたので、
岩谷山へGO!

岩谷山分岐で、峠からやって来た
男女2人組に出会います(^^ゝ

武周ヶ池
(12:09)
武周ヶ池
武周ヶ池(12:12)
(12:21)
(みっちゃん提供)

(12:28)
(12:30)
岩谷山分岐(12:33)
岩谷山(708.9m)  <クリックしてね>(12:41)
(みっちゃん提供)
(みっちゃん提供)
魚見峠(岩谷峠)(13:01)

峠のログハウス(13:03)

峠までの稜線も、紅葉(黄葉)が
ちょうど見頃でした(^^)

峠からは、デポしておいたMTBで
舗装林道を下ります。

自転車での下りは寒かったです。
路面が濡れているので慎重運転。

野見ヶ岳は冬も楽しめて、意外と
穴場の山です(^^ゝ

TOPに戻る



野見ヶ岳から岩谷峠(魚見峠) 平成27年10月29日


農道(10:36)

早朝は意外にも素晴らしい快晴(^^)/
ところが7時頃から黒い雲がわんさか!

9時30分集合。この頃から再び青空に
なります。期待が持てるかも?

岩谷(魚見)峠にMTBをデポして、車で
戻ります。

送電線尾根を登り始めると、また曇り
空になります(涙)

尾根の紅葉には少し早かったようです。

登山口(みっちゃん提供)
(みっちゃん提供)
(10:48)
3番目の鉄塔(11:15)
(11:23)
(11:25)
野見ヶ岳(678m)(11:30)
(11:34)

武周ヶ池(11:35)

登山口から50分で山頂に到着します。
すぐ武周ヶ池に移動して休憩タイム。

武周ヶ池周辺はかなり黄葉していました。
これで青空だったらなあ...(残念)

温かい飲み物でまったり休憩中、小雨が
ポツポツ降ってきます。

岩谷山分岐から山頂まで、登山道が
整備されていました(感謝)

武周ヶ池(11:58)
武周ヶ池(みっちゃん提供)
(12:13)
岩谷山への分岐(みっちゃん提供)
(12:20)
岩谷山(708.9m)(みっちゃん提供)
(12:36)
岩谷(魚見)峠(みっちゃん提供)

峠のログハウス(12:48)

分岐まで戻って、岩谷(魚見)峠に
向かいます。

峠には誰もいませんでした。路面が
濡れているので、慎重に下ります。

登山口の駐車場に戻ると、また
青空が拡がってきます。

平野部の路面も濡れていたので、
今日は天気予報通りでした。

さて、リベンジはあるのか???

TOPに戻る



野見ヶ岳(文室から) 平成27年9月24日


スタート地点(8:03)

7時30分集合。今にも雨が降りそうな
曇り空です。

五皇神社のはずれに車を止めて出発!
ダートの林道をテクテク歩きます。

真新しい堰堤を過ぎると、右に山道が
あります。入ってすぐに傾いた鉄橋(汗)

巡視道を登って行くと、古い標識が
あります。やっとひと安心(^^)

2つ目の鉄塔を過ぎると、送電線が
交差します。

林道(8:07)
傾いた鉄橋(8:19)
(8:24)
(みっちゃん提供)
送電線が交差(8:46)
アキチョウジ
いったん下ります(9:28)
(みっちゃん提供)

野見ヶ岳(9:55)

4つ目の鉄塔の先は、登山道が怪しく
なります(泣)

尾根は猛烈な藪です。伐採斜面を
下ると、なんとか踏み跡があります。

怪しい山道をトラバース気味に下り、
5つ目の鉄塔に出ます。

6つ目の鉄塔を過ぎると、山道は
山頂目指して登って行きます(^^)/

ツルリンドウ
ミヤマママコナ
武周ヶ池(9:59)
(10:17)
往路を戻ります(みっちゃん提供)
(みっちゃん提供)
(10:39)
傾いた鉄橋(11:24)

林道(11:32)

7つ目の鉄塔からすぐに武周ヶ池への
分岐があり、山頂は8つ目の鉄塔♪

武周ヶ池はかなり埋まっていました。
池の畔でカフェをオープン(^^)/

帰りは往路を慎重に下ります。4つ目の
鉄塔からは立派な巡視道です(^^ゝ

途中で小雨になりましたが、なんとか
濡れずに登山口に戻りました(^^)

ルートマップ

TOPに戻る



大山から野見ヶ岳(スキー) 平成27年2月4日



(8:51)

1台の車を下山口の駐車場にデポ後、
もう1台で牧谷に戻ります。

準備の後、真っ直ぐな川の左岸を
進みますが、山の麓で道が怪しく
なります(泣)

やむなく橋の所まで戻って右岸に
渡ります。

谷が分かれる地点で、かなり急な
ヤブ尾根に取り付きます。

動画(2分15秒)へGO!
(9:37)
急なヤブ尾根(みっちゃん提供)
(10:35)
林道(10:53)
やっと広くなります(みっちゃん提供)
(11:17)
日野山(11:38)
痩せ尾根(11:44)


痩せ尾根(みっちゃん提供)

痩せ尾根に杉が植えてありますが、
まったく手入れされていません。

林道が近くなると、よく手入れされた
杉林になります。

林道から上は広くて登りやすい尾根
です(^^)/

P603mから稜線をゆっくり進みます。
南条側は杉の植林で、武生側は
雑木林です。

大山でやっと休憩。お湯を沸かして
カップ麺の昼食です(^^)
(12:01)
(みっちゃん提供)
(12:05)
日野山方面(12:07)
大山にて(みっちゃん提供)
大山から見た野見ヶ岳(12:39)
途中の送電線鉄塔(12:47)
野見ヶ岳を目指します(みっちゃん提供)
痩せ尾根(12:59)
(みっちゃん提供)


野見ヶ岳への痩せ尾根(13:03)


昼食後、野見ヶ岳を目指します。
途中に送電線鉄塔が見えます!

送電線鉄塔までかなり下ります。
鉄塔を過ぎても下りが続きます。

痩せ尾根の急斜面が所々に
あるので、慎重に下ります。

最低鞍部付近まで南条側に
林道が来ているようです。

痩せ尾根の登りが終わると、
歩きやすい疎林になります。

野見ヶ岳に出ると、今日の足跡
(スノーシュー)が散乱(^^)

武周ヶ池を見てから野見ヶ岳に
戻ります。
(みっちゃん提供)
痩せ尾根(13:04)
緩やかになります(13:22)
野見ヶ岳(13:29)
武周ヶ池(13:31)
悪雪です!(みっちゃん提供)
送電線尾根(13:56)
(みっちゃん提供)


(みっちゃん提供)

シールを剥がして待望の滑降ですが、
雪が重くて大変です(汗)

途中でスキーをザックに取り付けて
歩きで下ります。

みっちゃんは歩きになると速い!
登山口で10分ほど待ったそうです。

車の所に行くと、なんと鍵がない!
やむなく、牧谷まで歩くはめになり
ました(涙)
TOPに戻る



野見ヶ岳から武周ヶ池(スキー) 平成27年1月21日



(9:11)

8時10分集合・出発。県道203号線を
偵察のため進むと、除雪は採石場で
終わっていました。

三叉路の駐車場に車を置き、最初から
スキーを履いて登山口を目指します。

スキーのまま登り始めますが、すぐに
ギブアップ! スキー板を手に持って
ツボ足で登ります。

動画(1分58秒)へGO!
登山口(みっちゃん提供)
(みっちゃん提供)
(9:44)
(9:59)
痩せ尾根(みっちゃん提供)
(みっちゃん提供)
(みっちゃん提供)
(10:49)


(10:58)

斜度が緩やかになるとスキー歩行です。
最初はワカン跡がありましたが、途中で
足跡がなくなりました。

痩せ尾根が続きますが、送電線下は
切り開きになっています。

尾根の左側は固いバーンです。クトーを
利かせながら登っていきます。

5番目の鉄塔が野見ヶ岳です。ここから
少し下ると、武周ヶ池です(^^)/

武周ヶ池は完全に雪の原です。池の
真ん中を通って、さらに進みます。
野見ヶ岳(11:05)
武周ヶ池(みっちゃん提供)
(みっちゃん提供)
ビューポイント(岩谷山方面)(11:20)
休憩前(岩谷山方面)(みっちゃん提供)
休憩後(岩谷山方面)(11:53)
武周ヶ池(12:03)
武周ヶ池(みっちゃん提供)


野見ヶ岳(12:13)

岩谷山へ下る地点で行動終了。景色を
楽しみながら昼食です。

昼食中に青空が拡がってきます(^^)/
しばしコーヒー&お菓子タイムです。

帰りはシールを剥がして滑ります。
再び武周ヶ池の真ん中を通ります(^^)

野見ヶ岳へはシールを貼らずに階段
登高です。
狭い尾根(12:20)
(みっちゃん提供)



(みっちゃん提供)
(みっちゃん提供)



杉林(クリックしてね)(13:15)

野見ヶ岳から待望のスキー滑降♪
朝は固かったバーンも、雪が緩んで
滑りやすくなっています。

ところが、ヤブが多くて悪戦苦闘(泣)
切り開きだけ、なんとかスキー操作
できました(汗)

次第に痩せ尾根になり、煩い雑木を
縫ってボーゲンと横滑りです。

最後は登山道から離れて、斜滑降と
キックターンで杉林を下りました。
TOPに戻る



野見ヶ岳から岩谷峠(魚見峠) 平成26年11月10日


ここからスタート(みっちゃん提供)
登山口(11:19)
登山開始(みっちゃん提供)
送電線の尾根(みっちゃん提供)
送電線鉄塔(山頂まで5基)(11:54)
この付近から紅葉(みっちゃん提供)


紅葉真っ盛り(12:05)


10時集合。岩谷(魚見)峠に
MTBをデポ後、送電線尾根の
登山口に車で移動します。


駐車場から山沿いに歩きます。
林道分岐を右に入ると、すぐに
登山口があります。


山頂まで目標1時間でスタート!
最初は急ですが、すぐジグザグの
歩きやすい山道になります。


今朝は寒かったので、防寒対策を
してきましたが、予想外に暑い...
みっちゃんは涼しげな半袖(苦笑)


2番目の鉄塔を過ぎると、素敵な
紅葉が目に飛び込んで来ます(^^)/

素晴らしい!(みっちゃん提供)


この付近は紅葉真っ盛り(^^)/
こんな素敵な紅葉は久しぶり♪


あちこちで写真を撮りながら、
ゆっくり登って行きます。


4番目の鉄塔を過ぎると、前方に
5番目の鉄塔が見えます。


ここから少しスピードアップ!
なんとか50分で到着です。


山頂から少し下って右折すると、
すぐに武周ヶ池です(^^)


池の周辺も素敵な色に染まって
いました。
紅葉真っ盛り
(12:06)

(12:10)
野見ヶ岳(678m)(12:12)
武周ヶ池(12:15)
武周ヶ池
(12:38)
武周ヶ池
(12:40)
(みっちゃん提供)
(12:46)


黄葉真っ盛り(12:51)


池の畔でしばし休憩。温かい
飲み物とお菓子でまったり(^^)


休憩後、岩谷(魚見)峠を
目指して移動開始(^^ゝ


この区間はアップダウンが
少しだけありますが、殆ど
平行移動です。


岩谷山分岐付近も素敵な
秋色になっていました(^^)


立派な遊歩道なので、所々で
小走りになります(^^ゝ


やがて道路が見えてくると、
岩谷(魚見)峠は近いです。
<武周ヶ池から約25分>
岩谷山(12:52)
(みっちゃん提供)
岩谷山分岐(みっちゃん提供)
岩谷(魚見)峠方面
(みっちゃん提供)
(みっちゃん提供)
(12:59)

峠のログハウス(みっちゃん提供)
峠のログハウス(13:10)
岩谷(魚見)峠方面
岩谷(魚見)峠方面(みっちゃん提供)


ダウンヒル(13:24)

峠には素敵なログハウスが
あります。ここからMTBの出番!

路面が濡れているので、慎重に
下ります。

気持ち良く下って、駐車地点に
戻ります。

予定より早く終了(^^)/
TOPに戻る



野見ヶ岳から岩谷峠(魚見峠) 平成26年5月2日



駐車場(9:49)(みっちゃん提供)

晴れ予報ですが、北陸は雲が多いです。
バイクはあらかじめ岩谷(魚見)峠に
デポします。下る途中で猿が2匹!

送電線沿いの登山口に、車で移動します。
この頃からようやく晴れ間が出てきました。

駐車場から農道をのんびり歩くと、すぐに
分岐があります。少し迷いましたが、右に
進むと登山口がありました(^^)/

登山口10時スタート。新緑に癒されながら、
ゆっくりペースで登っていきます。
(10:05)
(10:17)
最初の鉄塔(10:19)
(みっちゃん提供)
(10:44)
(みっちゃん提供)
(みっちゃん提供)
(10:52)
(10:54)
(みっちゃん提供)


(10:55)

よく手入れされた登山道ですが、急登が
続くのですぐに汗ポタポタ(>_<)

登山道脇や鉄塔周辺はワラビの宝庫ですが、
今日は何も採らずにスルーします(笑)

送電線鉄塔を数えながら登っていきます。
山頂直下で女性が2人下って来ました。

山頂まで駐車場から約1時間10分です。
しばし休憩後、武周ヶ池に移動します。

池の畔でコーヒー&お菓子タイムです。
なかなか雰囲気の良い場所です(^^)/
最後の鉄塔(11:01)
野見ヶ岳(678m)<クリックしてね>(11:06)
武周ヶ池(11:07)
(11:25)
武周ヶ池(11:27)
(みっちゃん提供)
岩谷山を目指します(11:42)
岩谷山への分岐(みっちゃん提供)
ヤブ尾根(みっちゃん提供)
微かな踏み跡(みっちゃん提供)


岩谷山(708.9m)(みっちゃん提供)

汗が引いて寒くなってきたので、岩谷山へ
移動開始。分岐からはヤブ気味の微かな
踏み跡を辿ります。

尾根にはツツジとクロモジの木が多いです。
所々に赤布が枝に巻き付けてありました。

山頂で写真だけ撮って、すぐに下山します。
分岐まで下ると、立派な登山道になります。
途中で女性が単独で登ってきました(^^ゝ

岩谷峠に下ると、年配の方々が楽しそうに
テーブルを出し、ランチの準備中でした(^^)
みっちゃんはいろいろ質問攻めに(笑)
戻ります(みっちゃん提供)
岩谷(魚見)峠を目指します(みっちゃん提供)
(みっちゃん提供)
(12:15)
岩谷(魚見)峠のログハウス(みっちゃん提供)
(みっちゃん提供)
県道203号(みっちゃん提供)
(12:31)
(12:35)
(12:39)


県道203号(みっちゃん提供)

県道203号は完全舗装道になっていました。
展望を楽しみながら、気持ち良く下ります。
途中で獣が1匹、藪の中に逃げて行きます(汗)

採石場付近は道路がかなり痛んでいました。
慎重に通過して、あっという間に登山口の
駐車場です(^^ゝ

今日は担ぎも考えましたが、峠にデポで
正解でした(苦笑)

雪山も良いですが、新緑も素晴らしいです♪

TOPに戻る


  • HOME RVワールドのTop Pageに戻ります!
  • SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO