今庄周辺(宿場と山)


今庄・板取の宿と木ノ芽峠(H16)夜叉ヶ池から三周ヶ岳(H26)鍋倉山から藤倉山(H26)夜叉ヶ池から三周ヶ岳

(H26)花蓮と杣山(H26)ホノケ山と足谷山(H26)妙泰寺(H27)夜叉ヶ池(H27)花蓮と杣山

(H27)鍋倉山から藤倉山(H27)鍋倉山からホノケ山(H28)花蓮と杣山(H28)鍋倉山から藤倉山

(H29)ホノケ山スキー


RVワールドに戻る RV のTop Pageに戻る 県内アルバムへ戻る 県内アルバムへ戻る 山歩きの部屋へ 山歩きの部屋へ戻る YAMADAの山スキーワールドへ GO!


ホノケ山(スキー) 平成29年2月8日


分岐(8:52)


8時集合。ホノケトンネル付近から
スタート!

第2登山口から尾根道に入りますが、
かなり雪が少ないです(汗)

尾根は狭くて、ここを滑って帰るのは
かなり厳しそうです。

瓜生野分岐から尾根は広くなりますが、
アップダウンが意外とあります。

動画(2分13秒)へGO!


林道(9:00)
第2登山口(9:14)
瓜生野・奥野々分岐(9:41)
(10:12)
佐々布光林坊墓所跡 <クリックしてね>(10:27)
菅谷峠とホノケ山(みっちゃん提供)
菅谷峠へ下ります(10:33)
ヤセ尾根(10:44)
(みっちゃん提供)


菅谷峠でいったん林道に出ますが、
すぐ急な登りになります。

途中ヤセ尾根がありますが、そこを
過ぎると気持ち良いブナ林です(^^)

日野山に一時陽が射しますが、また
黒い雲が拡がってきます。

山頂で昼食休憩。温かいカップ麺が
美味しい〜(^^)/

ブナ林(11:06)
ブナ林(みっちゃん提供)
ホノケ山(標高736.8m)(11:10)
下ります(みっちゃん提供)
(11:57)
(みっちゃん提供)
菅谷峠(みっちゃん提供)
北谷林道(みっちゃん提供)
ホノケトンネル入口(13:19)


下りは雪が少な過ぎて、かなり
テクニカルなスキー操作(笑)

菅谷峠からは林道スキーですが、
斜度が緩くて全く滑りません(汗)

所々で雪が切れていて、やむなく
スキーを外します。

殆ど腕で漕ぎながら滑ったので、
腕がだるくなりました(泣)

TOPに戻る



鍋倉山から藤倉山 平成28年11月13日


湯尾峠への旧北陸道(7:56)


7時集合。八十八ヶ所弘法寺の駐車場
からスタート!  <7:42 発>

湯尾峠に移動して、尾根道をゆっくり
登って行きます。

山道沿いのお地蔵さまは冬支度です。
周辺はちょうど紅葉真っ盛り(^^)/

アンテナの所で、参道と合流します。
極楽橋を渡ると、八十八の階段です。

湯尾峠(みっちゃん提供)
(8:03)
(みっちゃん提供)
わ〜い♪(8:11)
いいね〜(みっちゃん提供)
極楽橋(8:24)
八十八ヶ所弘法寺(8:27)
鍋倉山への尾根(8:33)
黄葉
紅葉
送電線鉄塔(巡視道分岐)(8:46)
(みっちゃん提供)
(8:56)
(8:59)
鍋倉西谷分岐(9:00)
鍋倉山(9:07)
紅葉真っ盛り(9:16)


吊り尾根をいったん下って、
鍋倉山を目指します。

送電線が集まっているので、
巡視道分岐があります。

素敵な紅葉を眺めながら、
ゆっくりペースです(^^)

鍋倉山付近は意外と急登です。
鍋倉山に三角点はありません。

右側が杉林の場所を抜けると、
いよいよブナ原生林です。

(みっちゃん提供)
藤倉権現跡分岐(9:18)
素晴らしい〜
(9:30)
紅葉真っ盛り(9:31)


いいね〜いいね〜を連発
しながら進みます(^^)/

ブナの黄葉を堪能しながら
ゆっくり登って行きます。

稜線に出ると、紅葉はやや
終盤です(^^ゝ

ゆるやかなブナの尾根道で
藤倉山へ移動します。

藤倉山で展望を楽しみながら、
昼食は豪華うどんナベ (^^)/

Nakaさんから貰った冷たい
飲み物が美味しい〜♪


(みっちゃん提供)

(9:35)
ブナ林(9:36)
(みっちゃん提供)
(9:38)
ブナ林(9:39)
(9:40)
(9:43)
(9:53)
藤倉山(10:00)
(11:23)
(11:30)
(11:32)
(11:33)
紅葉真っ盛り(11:43)


まったり昼食中、ポツポツと
登山者がやって来ます。

こんなに素敵なコースなのに、
意外と登山者は少ないです。

美味しいうどん鍋を堪能後、
コーヒータイム(^^)

燧ヶ城址の紅葉も素敵でした。
下山後、宿場町を散策しながら、
駐車場に戻りました。

<駐車場 12:37着>
(12:04)
燧ヶ城址(12:06)
燧ヶ城址(12:08)
(12:09)

TOPに戻る



花蓮と杣山 平成28年7月5日


花蓮公園(8:44)


8時集合。天気予報に反して、
意外と青空が出ています(^^)

花蓮公園は大勢のカメラマンで
賑わっていました。

はす工房花里音(NPO法人)で
パンを購入します(^^)

第2登山口から文殊堂へGO!
蒸し暑くて、汗ダラダラ(>_<)

花蓮
花蓮
二人乗りはダメ(8:58)
はす工房花里音(かりおん)(9:00)
第2登山口(9:08)
文殊堂コース(みっちゃん提供)
文殊堂(9:16)
(9:20)
オオバノトンボソウ
キャンプ場への遊歩道(9:39)
ミゾソバ
ハグロソウ
オトギリソウ
姫穴(みっちゃん提供)
急な鎖場(みっちゃん提供)


文殊堂コースは階段が
多いです。

今日は湿度が高く非常に
蒸し暑いです。

文殊堂を過ぎても階段が
続きます。

駐車場から遊歩道に入り、
キャンプ場に下ります。

この遊歩道はところどころ
かなり荒れています(汗)


キャンプ場は草ボウボウ。
分岐から姫穴を目指します。

殿池は干上がっていました。
尾根道は快適です(^^)

干上がった殿池(10:10)
西御殿跡分岐(10:11)
尾根道(10:12)
袿掛(うちかけ)岩(10:18)
杣山(標高492.1m)(10:25)
はす工房花里音のパン

東御殿跡コース(10:35)
犬戻し駒返しコース分岐(11:04)
(11:05)
第3登山口(11:07)(みっちゃん提供)


山頂でやっと休憩。美味しい
パンで乾杯〜♪

下りは東御殿跡コースです。
急な下りが続きます。

このコースは展望がないので、
黙々と下ります。

下山後、花はすソフト を購入♪
爽やかな味でした(^^)/ (350円)

TOPに戻る



湯尾峠〜鍋倉山〜藤倉山〜高頭山〜ホノケ山〜足谷山〜第2登山口 平成27年12月2日


湯尾峠入口(8:33)

7時15分集合。ホノケ山第2登山口に
MTBをデポ後、湯尾峠入口へGO!

湯尾峠までは由緒ある古道歩きです。
八十八ヶ所弘法寺に意外と早く到着(^^)

尾根をいったん下って、鍋倉山に登り
返します。ここはいつも辛い区間です。

途中で、鍋倉〜藤倉を周回するという
ごもっともさん ご夫妻に、こんにちわ(^^ゝ


湯尾峠(8:39)
(みっちゃん提供)
ごくらく橋(みっちゃん提供)
八十八ヶ所弘法寺(9:00)
鍋倉山へGO!(9:04)
鍋倉西谷分岐(9:28)
鍋倉山(みっちゃん提供)
藤倉権現跡分岐(9:41)
ブナ原生林
藤倉山の稜線に出ます(10:04)
藤倉山(みっちゃん提供)

お気に入り♪ <クリックしてね>(みっちゃん提供)

GPSで鍋倉山の山頂を確認します。
ブナ原生林を登って藤倉山の稜線(^^)

藤倉山を往復してから、稜線分岐に
戻ります。ここからヤブ漕ぎです!

幸いにもヤブが薄く、見通しが利くので
スムーズに進むことができます。

所々に広い場所がありますが、GPSを
頼りに進みます。

ヤブ尾根に突入!(みっちゃん提供)
ヤブ漕ぎ(みっちゃん提供)
ヤブ漕ぎ(10:36)

小さな池(10:43)
(みっちゃん提供)
大きなナメコ!
(11:01)
伐採地(11:10)
植林?(11:14)
高頭山が見えます(11:20)
工事中(灰坂峠付近)(みっちゃん提供)

林道歩き(11:40)

伐採斜面から、切り開きを進みます。
林道に合流後は、林道歩きです(^^)

灰坂峠付近は工事中で、ユンボが
置いてありました。

高頭山の稜線下から、脆い急斜面を
登ります。

尾根道にはトラロープが所々に設置
されていましたが、危険な区間でした!

脆い急斜面(みっちゃん提供)
脆い急斜面(11:52)
脆いヤセ尾根
高頭山(たかつむりやま)(12:10)
(みっちゃん提供)
(12:35)
いったん林道に出ます(みっちゃん提供)
すぐ尾根道です(12:40)
(12:43)
ホノケ山(12:44)
白山・日野山・部子山(12:46)
菅谷峠(みっちゃん提供)

足谷山へ(13:14)

怖いヤセ尾根を登りきって尾根分岐を
過ぎると、やっと高頭山です(^^)/

山頂で簡単な昼食。山頂から反対側の
尾根は、緩やかで歩きやすいです(^^)

いったん車道に出て、すぐ緩やかな
尾根に取り付きます。

ホノケ山で、単独の男性に写真を
撮って貰いました(^^ゝ

(みっちゃん提供)
足谷山(13:21)
菅谷峠(みっちゃん提供)
佐々布光林坊墓跡(13:35)

(13:51)
瓜生野・奥野々分岐(13:53)
瓜生野・奥野々分岐(13:53)
第2登山口(みっちゃん提供)
第2登山口(14:05)
(14:22)
湯尾(14:33)

湯尾峠入口(14:37)

菅谷峠に下って、まだ歩き足りない
みっちゃんの要望で足谷山へGO!

足谷山から戻って、奥野々へ下ります。
第2登山口から、MTBでダウンヒル(^^)/

舗装路を下り、北陸本線に出てから
山沿いのダートを走ります。

湯尾の町中を通り抜け、ヘロヘロで
湯尾峠入口に戻りました。

ルートマップ

TOPに戻る



鍋倉山から藤倉山 平成27年11月5日



湯尾峠への旧北陸道(9:37)

8時30分集合。八十八ヶ所参道
登山口付近に車をデポします。

線路沿いの林道で、トンネル横から
湯尾峠へ登って行きます(^^)

峠から、お地蔵さまが安置された
尾根道に入ります。

野見ヶ岳ほどではないですが、
紅葉や黄葉がきれいです(^^)/
湯尾峠への旧北陸道(9:39)
湯尾峠(9:41)
(9:43)

(9:50)
(9:52)
(10:07)
極楽橋(10:08)
八十八ヶ所弘法寺(10:10)
八十八ヶ所弘法寺(みっちゃん提供)
鍋倉山への尾根(10:16)
(10:30)
巡視道分岐(みっちゃん提供)
鍋倉西谷分岐(10:46)
(10:49)


(10:55)

八十八ヶ所弘法寺を過ぎると、
送電線鉄塔へ下って行きます。

鍋倉山への登りは辛いです。
標識が新しくなっていました。

鍋倉西谷分岐を過ぎ、鍋倉山の
山頂を捜しながら進みます。

結局、山頂はわからないまま
通過したようです(汗)

植林帯を過ぎると、素晴らしい
ブナ林があります(^^)/

稜線に出てから、監督の指示で
ブナの大木に登ります(トホホ)
藤倉権現跡分岐(11:02)
(11:15)
(みっちゃん提供)

(11:18)

(11:20)
藤倉山の尾根に出ます(11:30)
(みっちゃん提供)
(みっちゃん提供)
(11:36)
(11:42)

藤倉山(11:43)

お腹ぺこぺこで藤倉山に到着。
今日は豪華うどんナベ です(^^)/

昼食休憩中に単独行の男性が
やって来ました。

白山を眺めながら、みっちゃんが
何やらつぶやいていました(苦笑)

お腹いっぱいになりましたが、
別腹でカフェオープン♪
藤倉山(みっちゃん提供)
(みっちゃん提供)
(12:57)
(13:11)
(13:31)

燧ヶ城址(13:33)
日野山方面(13:34)

新羅神社(観音堂)登山口(13:45)

みっちゃんの下りは速いです。必死で
後を追います。

燧ヶ城址付近は、山城の遺構が
残っています。

カタクリ畑を通り抜けて、観音堂の
裏に出ます。

新羅神社に出て、宿場町の面影が
残る今庄宿をテクテク歩きました。
TOPに戻る



花蓮と杣山 平成27年7月8日


花蓮公園(8:56)

梅雨で鬱陶しい天気ですが、小雨決行!
早くも小雨が降ってきます(>_<)

蓮田をひと回りしてから、第2登山口に
移動します。

楽しい案山子の写真を撮りながら、のんびり
歩きます。

途中、はす工房花里音でパンを購入します。
素敵な雰囲気のお店でした(^^)

花蓮

花蓮公園(9:03)
二人乗りはダメ!(笑)
はす工房花里音(かりおん)(9:14)
はす工房花里音(NPO法人)(9:18)
案山子(みっちゃん提供)
第2登山口(9:25)
キャンプ場(9:39)
姫穴(9:49)

姫穴(みっちゃん提供)

第2登山口から前回と同じルートで登り
ます。なかなか立派な登山道です。

姫穴を過ぎると急な岩場になり、あちこちに
鎖やロープが設置されています。

稜線に出ると緩やかな尾根道になります。
袿掛岩はかなりの高度感があります!

山頂で先ほど購入したパンを食べます。
雨が降ってきたので早々に撤収!

急登(みっちゃん提供)
尾根に出ます(みっちゃん提供)
(10:04)
袿掛(うちかけ)岩(10:09)
袿掛岩(10:10)
杣山(標高492.1m)(10:15)
犬戻し・駒返し(みっちゃん提供)
犬戻し・駒返し<クリックしてね>(10:36)
犬戻し・駒返し<クリックしてね>(10:37)
(11:02)

登山口(11:05)

岩稜帯の下りが続き、慎重に下ります。
犬戻し・駒返しにはハシゴがあります。

岩場を過ぎるとのんびり下ります。杉林の
遊歩道は気持ち良いです(^^)

花蓮公園に戻って来ると、再び雨が降り
出します。危機一髪!

下山後、花はすソフト を購入します♪
爽やかな味でした(^^)/ (350円)

TOPに戻る



夜叉ヶ池 平成27年6月22日



カツラの大木(8:08)


7時集合。広野ダムから舗装林道を
ゆっくり進みます。

岩谷キャンプ場付近からダートに
なります。

林道終点付近で再び舗装道です。
終点の広場に先客の車4台ほど。


登山届けを提出してスタート!
進行方向の左側は断崖絶壁(汗)

夜叉滝を過ぎると、沢沿いの道に
なります。橋を2つ渡ります。

沢から離れて、一気に高度を稼ぎ
ます。またしても汗ダラダラ...
(8:19)
(8:29)
(8:40)
(9:13)
ミズタビラコ
ツルアリドオシ
(9:16)
夜叉ヶ池(9:36)


夜叉ヶ池(9:42)

夜叉ヶ池には誰もいませんでした。
休憩後、木道を歩いて稜線に出ます。

露岩地帯を慎重に登り、笹を漕いで
夜叉丸を目指します。

最近は、夜叉丸を夜叉ヶ池山と
いう人が増えているようです。
稜線のアザミ(9:46)
夜叉ヶ池(9:49)
夜叉ヶ池と三周ヶ岳(9:56)
(みっちゃん提供)
夜叉丸(みっちゃん提供)
(10:14)
稜線のイブキトラノオ(10:21)
(10:45)
ハナニガナ
(みっちゃん提供)


夜叉壁(10:57)


見晴らしの良い分岐まで
戻って、乾杯♪

ひと息付いたところで、
岐阜県側へ下ります。

夜叉壁が見える地点まで
下ります。ここは紅葉の
時にまた来てみたいです。

ここで男女2名が登って
来ます。

話を伺うと、林道は車両
通行止め中(汗)

彦根からオートバイで来た
とのことです(^^ゝ

キジムシロ
イワカガミ
ニッコウキスゲ
(11:40)
大トチノキ(12:10)
夜叉滝(12:17)
(みっちゃん提供)
コアジサイ(12:30)


登山口(みっちゃん提供)


登り返して、再び夜叉ヶ池に
戻ります。

夜叉ヶ池では6名ほど休憩中。
しばし休んでから下山開始!

沢に下ってから、大トチノキに
立ち寄ります。

<下山 12:35>

TOPに戻る



妙泰寺から奥の院 平成26年9月23日



総門

午後から気になっていた妙泰寺に出かけます。
総門から山門まで、コスモスが咲いた参道を
ゆっくり歩きます。

大谷山(だいこくさん) 妙泰寺(みょうたいじ)
永仁二年(1294年) 日像菩薩が開山
福井藩主結城秀康や松岡藩主松平昌勝も
深く帰依。幕末の歌人橘曙覧も少年時代に
この寺で修行している。
(南越前町商工会HPより)

立派な本堂や渡り廊下は、少しだけ傾いて
いるようでした。

登山口が2つあるとのことですが、最初に
目にとまったのは山門左側の参道入口(^^)
山門
山門
渡り廊下
大谷山妙泰寺(日蓮宗)
奥の院参道
階段が続きます
急な階段
奥の院
日野山
七面堂へ下ります


七面堂入口(奥の院参道)


獣除け柵を開けて登山開始。小さな
お堂を2つ過ぎると、急な階段が
山頂まで続いていました(汗)

奥の院のお堂で休憩します。目の前に
日野山〜大山〜野見ヶ岳〜岩谷山の
素晴らしい展望が楽しめます(^^)/

帰りは七面堂へ下ります。この山道は
緩やかで歩きやすかったです。
TOPに戻る



ホノケ山と足谷山 平成26年9月3日



第2登山口(8:34)

間違って第2登山口の林道に入って
しまいます。いったん戻って、ホノケ
トンネル横の北谷林道に入ります。

北谷林道はやや狭いですが、舗装
されているので安心です。所々に
落石と土砂崩れ跡がありました。

菅谷峠まではカーブの連続です。
峠にMTBをデポしてから、林道を
安全運転で戻ります(^^)

準備の後、第2登山口から出発!
雑木の尾根をゆっくり登ります。
第2登山口(8:35)
ホツツジ
(8:51)
瓜生野分岐(8:53)
瓜生野分岐(みっちゃん提供)
切り通し(9:01)
(みっちゃん提供)
(9:05)


切り通し(みっちゃん提供)


瓜生野分岐に出ると、緩やかな
尾根道になります。

山頂まであと何メートルという
標識を見ながら進みます。

花は少ないですが、色とりどりの
キノコが楽しいです(^^)

佐々布光林坊墓所跡を過ぎると
菅谷峠は近いです(^^)


深いところでは6mにも達する
切り通しは、数百年にわたる
人馬の通行によって削り取られて
できたものです。


<案内板の説明より抜粋>
ミヤマママコナ(9:10)
(みっちゃん提供)
(みっちゃん提供)
佐々布光林坊墓所跡(9:25)
菅谷峠(みっちゃん提供)
鍛冶屋炭床場跡(みっちゃん提供)
(9:37)
(9:39)
ブナ原生林(みっちゃん提供)
(9:50)


ホノケ山(標高736.8m)(9:53)

山頂は涼しい風が吹いていました。
汗がひくと、少し寒いくらいです。

休憩後、菅谷峠に戻ります。MTBに
乗って足谷山へGO!

足谷山の巡視道は、綺麗に手入れ
されていました。

足谷山の山頂には、反射板が設置
されています。残念ながら日本海の
展望はダメでした。

キンミズヒキ
足谷山の登山口(みっちゃん提供)
巡視道(10:36)
(みっちゃん提供)
足谷山(10:39)
菅谷峠(10:49)
北谷林道(10:53)


第2登山口に登ります(11:04)

菅谷峠で展望を楽しみ、北谷林道を
下ってホノケトンネル横に出ます。

第2登山口までは辛い登りです。
ゆっくりペダルを漕ぎます。

第2登山口駐車場には車が1台。
今日の登山者は我々だけです(^^)

帰りは初めてホノケトンネルを通り
ます。非常に長いトンネルでした!
TOPに戻る



花蓮と杣山 平成26年7月9日



花蓮と杣山(8:13)

7月5日から8月3日まで、第22回はすまつりが
開催中。今日の午前中は晴れ予報ですが、
フェーン現象で朝からかなり蒸し暑いです。

花はす公園で花蓮の写真を撮ってから、
第2駐車場へテクテク歩いて行きます。

楽しい案山子を眺めながら歩きますが、
猛烈な暑さで早くも汗ダラダラ(>_<)

第2駐車場から山に向かって広い場所を
歩きます。山の中に入ると、少し気温が
低くなった気がします(^^)



花蓮と杣山
花蓮と杣山(8:24)
楽しい案山子<クリックしてね>(8:27)
第2登山口(みっちゃん提供)
(8:43)
ミゾソバ
姫穴(9:03)


(9:06)

文殊堂への分岐を過ぎると、
木陰が増えて気持ち良いです。

荒れたキャンプ場を進むと、
遊歩道との交差点に出ます。
角の休憩舎が目印です。

谷筋の道をゆっくり登って
行くと、岸壁のトラバース
道になります。

姫穴で水しぶきを浴びながら
記念撮影です(^^)

姫穴を過ぎると急登になり、
岩場を慎重に登って行きます。

尾根に出ると、西御殿跡です。
ここからしばし、歩きやすい
遊歩道になります。

遊歩道脇にはお地蔵さまが
所々に安置されています。
袿掛岩で少し遊びました(^^)/
(9:17)
(9:21)
袿掛岩(9:31)
(9:35)
杣山(標高492.1m)(9:37)
杣山荘へ下ります(みっちゃん提供)
犬戻し・駒返し(みっちゃん提供)
犬戻し・駒返し(9:57)
岩場が続きます(みっちゃん提供)
長い階段(10:18)


(10:23)

山頂に着く頃、雲が多くなって来ます。
まったり休憩後、杣山荘へ下ります。

下る途中、単独の男性が登って来ます。
今日の出会いはたった1人(^^ゝ

この犬戻し・駒返しコースは岩場が多く、
かなり楽しめます(^^)

標高415mを通過すると、階段下りです。
この区間が長くて、かなり難儀でした(汗)
階段が終わると、杉林の林道歩きです。

下山後、さっそく花はすソフト (320円)
爽やかな味で美味しかったです(^^)/
TOPに戻る



夜叉ヶ池から三周ヶ岳 平成26年6月7日



(6:07)

梅雨入りで天気が不安定です。
曇り時々晴れ、朝夕雨の予報を
信じ、5時集合・出発です(^^)

県外ナンバーの車が1台先行。
登山ではないみたいです。

鳥居を潜って登山開始。崖の下は
深い谷なので、慎重に歩きます。

夜叉滝を過ぎると、小さな橋を
渡って右岸に移り、再び橋を
渡って左岸に戻ります。

山野草H26 山野草H26へGO!
(6:18)
(みっちゃん提供)
夜叉滝(6:28)
<クリックしてね>(みっちゃん提供)
(みっちゃん提供)
(6:44)
<クリックしてね>(みっちゃん提供)
(みっちゃん提供)


(7:47)

登山道は谷を離れて急尾根を登って
行きます。ブナの大木があちこちに
あります。

緑に癒されながら我慢の登りです。
最後は左にトラバース気味に進み、
神秘的な夜叉が池に到着です(^^)/

水の音かと思っていたら、カエルの
鳴き声でした(^^)

ガスが濃いので、写真だけ撮って
すぐに出発。三周ヶ岳を目指します。
坂内村分岐付近(7:51)
アカモノ
(みっちゃん提供)
(8:07)
サラサドウダン
(8:18)
三周ヶ岳(9:09)
ウラジロヨウラク


(みっちゃん提供)

三周ヶ岳までは小さなアップダウンが
続き、途中に岩場があります。

背丈以上の笹藪はやっかいです。
腕に擦り傷ができていました(涙)

山頂手前で単独の男性に追いつき
ます。お話を伺うと、前日は冠山に
登られたとのことです。

景色が見えないので、写真を撮って
貰い、すぐ下山します。

途中の見晴らしの良い岩場で乾杯(^^)/
(みっちゃん提供)
(10:32)
(10:42)
(11:31)
(みっちゃん提供)
(12:01)
岩谷のトチノキ(みっちゃん提供)
(12:54)


カツラの大木

夜叉ヶ池まで戻ると、岐阜県側から
続々とハイカーが登って来ます。

ガスの中、夜叉丸で休憩していると、
三国ヶ岳を目指す人がいました(^^ゝ

夜叉ヶ池は大賑わいです。座る場所も
ないので、そのまま通過します。

木の根がやっかいなので、慎重に下り
ます。途中で長靴と傘スタイルの人が
何人も登ってきました(^^)

岩谷のトチノキは初めて見ました(^^)/
下山すると、ポツポツ雨!
TOPに戻る



鍋倉山から藤倉山 平成26年1月27日



八十八ヶ所参道登山口(みっちゃん提供)

8時15分集合出発。八十八ヶ所弘法寺入口
からスタート。固くなった雪の上を、気持ち
良く登っていきます。お地蔵さまはすべて
冬支度です。

つづら折りの道なので、意外と楽に登ることが
できます。アンテナが見えると、湯尾峠からの
登山道と合流します。

弘法寺で単独行の男性が追いついて来たので、
写真を撮って貰いました(^^)

鍋倉山へはいったん下ります。鉄塔を2つ通り
過ると、登りになります。
(9:14)

湯尾峠分岐(9:43)
極楽橋
弘法寺(みっちゃん提供)
八十八ヶ所弘法寺(9:49)
鍋倉山への尾根(9:59)
鍋倉西谷分岐(10:38)
ツボ足に逆戻り(泣)(みっちゃん提供)
ブナ林(11:47)

ブナ林(11:49)

鍋倉山の山頂付近に、鍋倉西谷への分岐が
あります。

先行している男性の足跡が、途中でワカンに
なっていたので、我々もワカンを装着します。

ところが私のワカンの調子が悪く、すぐ外れて
しまいます。ワカンをあきらめて、ツボ足で
登ることにします。

ツボ足は非常に辛かったです。あちこちで
雪に埋まって、足を引き出すのに無駄な
力を使いました(涙)

先行の男性は、藤倉山とは反対側の尾根を
進んでいました。どこに行ったのかしら?
藤倉山の尾根に出ます(12:12)
(みっちゃん提供)
藤倉山(12:28)
白山方面(みっちゃん提供)
うどん鍋(12:50)
下山開始(みっちゃん提供)
(13:46)

(14:19)
燧ヶ城址(14:56)

今庄宿(15:20)

ヘロヘロになって藤倉山に到着。みっちゃんに
ワカンを見て貰ったところ、なんと前後逆に
装着していました(T_T)

昼食は豪華うどん鍋です。素晴らしい景色を
眺めながら至福のひととき(^^)/

帰りはワカンを装着。なんて歩きやすいの♪
鉄塔付近は見晴らしが良いので、今庄の
街並みがよく見えます。

下山後、今庄宿を味わいながらテクテク
歩きます。下校途中の小学生が元気良く
挨拶してくれました(^^)
TOPに戻る



夜叉ヶ池から三周ヶ岳 平成16年11月6日


夜叉ヶ池
三周ヶ岳
紅葉は登山口まで下りて来ていました。
夜叉ヶ池は泉鏡花の小説の舞台で、
映画にもなりました。
夜叉が池はシャクナゲ、モリアオガエルの卵、
希少種のヤシャゲンゴロウの生息で有名です♪
三周ヶ岳へは早く着きましたが、宴会開始(^o^)/
コースタイム
登山口  8:05(発)
夜叉ヶ池 9:25〜9:40(休憩)
三周ヶ岳 10:44〜11:20(昼食)
コースタイム
夜叉ヶ池 12:30〜12:45(休憩)
登山口  14:56(着)


TOPに戻る



板取の宿と木ノ芽峠 四季




板取の宿と木ノ芽峠(春)

家の周囲の水仙、チューリップなどが
一斉に咲き出しました♪
板取宿は、北国街道(東近江路)の
玄関口として発達しました。
長い冬が終わって、やっと春♪
甲(かぶと)造りの藁葺屋根
平野部と半月遅れの葉桜
雪融けの冷たくて美味しい水(^^)
木ノ芽峠(5月中旬)

峠の茶屋。永平寺を開いた道元禅師の碑が立っています。
木ノ芽峠(5月中旬)

歴史上有名な人たちが、苦労してここを超えました。
言奈地蔵(ゆうなじぞう)
青々としています♪
5月下旬
ノムラ紅葉は春と秋に色づきます♪


今庄と板取の宿(夏)

近くには、古戦場で有名な杣山(そまやま)
城址や、木曽義仲が築城した燧ヶ城址
(ひうちがじょうし)があります。
今庄には、宿屋や酒蔵など古い家並みが
数多く残っています。
<写真は今庄の宿屋(跡)>
初夏
初夏
初夏
関所の門
ネムノキ
孫谷付近の田圃


板取の宿(秋)

秋は収穫時期ですが、長い冬の
準備をする季節でもあります。
天気の良い日が少なくなって、
雨の日が続くようになります。


晩秋
晩秋
11月中旬
11月中旬


板取の宿(冬)

ここは昔から豪雪地帯で、冬は陸の孤島でしたが、
平成16年春に新保(敦賀市)と立派なトンネルで
結ばれました。近くに今庄365スキー場があります。
鉢伏山山頂からは日本海の眺望が開け、雄大な
パノラマを背にしての滑走が楽しめます♪



日野川

TOPに戻る


  • HOME RVワールドのTop Pageに戻ります!
  • SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO